スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ソラニン」レビュー




ソラニン
【ストーリー】
 OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、
音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は
不透明な未来に確信が持てず、
互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。
 ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、
芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが……。

【キャスト】(以下、左から「役名/演者」)
 井上芽衣子/宮崎あおい
 種田成男/高良健吾
 ビリー/桐谷健太
 加藤賢一/近藤洋一(サンボマスター)
 小谷アイ/伊藤歩
 冴木隆太郎/ARATA
 大橋/永山絢斗
 鮎川律子/岩田さゆり
 芽衣子の母/美保純
 種田の父/財津和夫

====================

 特に序盤は、
ダメで無謀な若者のドキュメンタリーを見ているようで。
例えば、フジテレビで放送されている
ドキュメンタリーの番組「NONFIX」とか。
 かといってリアリティーがあるという表現は適切ではなく。
仮にリアリティーを求めるのであれば、映画なのだから
フィクションがあってこそのリアルという事になりますし。

 主人公の「芽衣子」役は正直、「宮崎あおい」はしっくりこなかったですね。
煙草を吸っている姿も全然様になっておらず。
全てにおいてダメすぎるキャラというのがどうも合わない。
高良健吾や桐谷健太などの売り出し中の役者であれば解るのですが
宮崎あおいは知名度・キャリア共にかなりあるので
こういったタイプの映画は出る必要があったのかなと。
 他の売り出し中の女優にチャンスを与えてあげても
良かったんじゃないかと思います。
ぶっちゃけアイドル映画といっても良いぐらいのクオリティですからね。

 設定もかなり無茶な所が多く。
初っ端「芽衣子」が根性無しで勤め先を辞めてしまうのですが、
初年度なら分らなくも無いですが一応2年目で
あんないきなりは無いかと。
 あの程度で辞めるのであれば一ヶ月ももたないでしょうね。
しかも、観客の同情を少しでも誘うような
あからさまな上司のセクハラ(パワハラ?)メール。

 後、とにかく性格がワガママすぎ。
会社辞めて勝手に靴買うわ、
彼氏に「音楽やりなさいよ」とか説教し始めるわ。
勝手にレコード会社に付いていって
不本意なオファーだろうが、何故か芽衣子が断るとか。
 芽衣子をレコード会社まで連れて来た
他のメンバーの行動も謎ですが、
マザコン息子の面倒を見る保護者かよと・・・

何よりも、この監督の撮り方がヘタすぎですね。
(すべて監督のせいというわけじゃないかもしれませんが・・・)

 ロッチがバックを勤めるかもしれなかった
アイドルがテレビに映った瞬間、衝動的に芽衣子がTVを倒しますが
なぜに顔に切り傷を?
「見えやすい所に傷を付ける」という目的がみえみえで・・・
それだったら倒した衝撃で手をほどよく血まみれにしたほうが
まだ自然かなと。
手だったら傷ついても不自然じゃないですからね(笑)

 種田が事故るシーンとかもヘタクソすぎですよね。
赤信号⇒種田涙を流しながら加速⇒種田倒れてるっぽい
⇒何故か無傷の種田と芽衣子、二人のシーンが流れる
⇒観客「???何?」⇒二人「就職がなんたらかんたら、事務がなんたらかんたら」
⇒観客「???これって、もしかして、過去?」⇒そして、種田頭から血を流して倒れている

・・・うーん・・・
ここは事故る瞬間はきちんと映すべきだと思います。
後は、過去として流すのであれば映像の手法を変えてみるとか。
区別つきにくすぎでしょう。

 この作品のファクターとして、「時間の流れ」というものがあります。
それにも関わらず、この映画の中では時間軸が分り難い。
上記の事故のシーンもそうですが、
芽衣子がバイトを辞めて種田が事故にあう、
その後、芽衣子がなんとか立ち直って練習を始める、
その後、ライブで披露するまで腕を上げる。
そのあたりはある程度でも経過年月を観客に示さないと。

 そして、種田が電話で芽衣子にバイトで再雇用された事を告げるシーン。
いやいや、普通「ギターひきてーーーーー!!」って
発狂するヤツ再雇用しないでしょう。
再雇用の話も、もしかしたら嘘なのかもしれないけど。

 この監督の経歴をちょこっと調べたら
MVをメインで撮っていた方のようで。
まぁ、映像をキレイに撮ろうとしている所を重視している感じが出てますからね。
映画の作り方に関してはもっと勉強する必要があるでしょうね。
かなり甘いかなと。

タイトル「ソラニン」の由来が知りたかったので調べてみた所、
ソラニン (漫画) - Wikipedia

=======================
タイトルの「ソラニン」は、作者が当時交際していた彼女が
『アジカンの新しいアルバム、ソラニンって言うんだって』という
一言がきっかけであったとのこと。
ただし、実際に出たアルバムは『ソルファ』であった。
「ソラニン」の音感が気に入ったのと、
意味を調べたらじゃかいもの芽の毒のことであったことも気に入りタイトルにした。
=======================

いやいや、女の一言で決めたって・・・
これ明かさないほうが良いでしょう・・・

 最後に一つ。
「なんでラストの曲は『ソラニン』じゃねえの!?」
「前を向いて進む」という意味を込めてアップテンポかつ
タイトルとかかっている「ソラニン」にするべきだと思いますが。
そして、エンドロールまであんなにだらだら流さず
芽衣子が少し歌った所でアジカンの「ソラニン」に切り替わるほうが
良かったと思います。
ライブ後の場面はもうちょっとカットしつつエンドロールの後に
載せれば良かったかなと。

最後に点数ですが、
「1.5/10(点)」
でお願いします。







<外部リンク>
映画「ソラニン」公式サイト

TOPページに戻る

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

絶望的にセンスがないレビューですね。
プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。