スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想・レポ】 「Hello! Project ひなフェス 2014 ~Full コース~ メインディッシュはスマイレージとJuice=Juiceです」 2014.3.29(パシフィコ横浜 展示ホールA/ホールB)

「Hello! Project ひなフェス 2014 ~Full コース~
メインディッシュはスマイレージとJuice=Juiceです」
日時:2014.3.29 18:00~
場所:パシフィコ横浜 展示ホールA/ホールB



 3月29日に行われた、
「Hello! Project ひなフェス 2014 ~Full コース~」
の夜公演に行ってきました。

 サブタイトルが、
「メインディッシュはスマイレージとJuice=Juiceです」
となっていて、
公演の中心は恐らくこの二グループになるのかと思われるが、
ただ単に曲数がちょっと多いだけだろうという可能性も拭いきれないが・・・

 当日は、コンサートとは別にSATOYAMAフェス(?)もちょっと覗いてみようかと
2時間ぐらい前に着くことを想定しつつ早目に出るが、
結局1時間30分ぐらい前に現地に到着する。

 駅から会場となるホールDに向かうが、けっこう距離があると。
まあ、展示ホールの中では駅側から見て一番奥にありますからね。

 イベントホールは、想像していたよりもかなり狭かったです。
というか、中途半端に色々と配置するから、尚更感じるんでしょうけど。
中途半端に配置というか、無理矢理詰め込みすぎ?

 まず、イベントホールに入場してすぐ、和気藹々とやってる「さとやまくん」を目にする。
 そして、イベントが行われているステージ前とか、
群がる人がやたらと携帯向けて何か起きてそうなスペース以外は
閑散としていて、他のブースとの温度差が激しかったかなと。

 ここらへんの状況を見て、
「このイベントって何のためにやってんだっけ?」とか思いましたが(笑)

 しかし、この前、中島・生田・石田とかが行った
SATOYAMAのロケの写真がパネルとして展示されてましたが、
それはけっこう良かったです。

 SATOYAMAのイベント会場を後にして、
グッズ売り場となるホールCに向かう。
入場してすぐ、モリ娘。の看板がお出迎え。
IMG_3071_R_201403301422224cd.jpg

 ホールの正面に物販。
右側にトレードスペースと、Girls Liveでメンバーがコーディネートした衣装を一部展示。
テレビで見るよりだいぶ細かったし、そんなに変じゃなかったかも(笑)

 グッズは、譜久村・鞘師の日替わりと、ひなフェスクッキーを。
あと、DVDMAGAZINEとか。
日替わりは、売り切れてるメンバーがけっこう多かったですね。
まあ、鞘師と譜久村は別に売れ残ってるわけじゃないでしょうけど。

IMG_3073_R_201403301422200e6.jpg

 入場時にチラシと共に配られる、au色のサイリウムとクリアファイル。
サイリウムはともかく、クリアファイルは嬉しい。
そしてなぜか、受け取ったときに、「ありがとうございます」とお礼を言われる。
IMG_3072_R_20140330142219f27.jpg 

 コンサート会場となるホールCも、想像していたよりも狭い。
そして、椅子がパイプ椅子という(笑)
隣との間隔、むっちゃ狭え。
痩せてる女性ならともかく、
常時、座りっぱなしのファミリー席でこの間隔はけっこうきついかも。

 本編開始前は前方のスクリーンにwebで既に公開済みのモリ娘。の映像が流されている。

 ここから本編の感想を。
セットリストは後半で。

 今回の公演でのステージの種類は、
まず、「メインステージ」があり、

そのメインステージから花道が伸びていて、その端に「センターステージ」
メインとセンターの間、花道のど真ん中辺りに設けられている「サブステージ」。
そして、センターステージから両サイドに伸びている「サイドステージ」が二つ。


 今回の席種はメインステージすぐ正面となるA5ブロックで、
会場の位置的には最前になり、それだけ聞くと美味しいように感じるが、
実はけっこうな落とし穴となっていて、
大部分の曲がメインではなくセンターで演じられていたため、
ほとんど正面のスクリーンを見る状態になってしまい、

正に、ライブライブビューイング状態(笑)

 一番ベテランのグループであるBerryz工房が初陣を飾っていたが、
初っ端センターステージという(笑)
4曲目、モーニング娘。の「What is LOVE?」の途中から、
やっとメインステージで、生のメンバーを拝めた。


 ちょうど隣ブロックのA4が一般席で立ち見だったが、
メンバーが後方に位置した時は後ろ振り返ってました。
ファミ席は後ろを振り返れないというか、
振り返っても、どうせ見れないので意味がない(笑)

 事前に対バン形式かつ、歌をフルでと言ってしまった手前、
いつものハロコンみたいに他のメンバーを
ダンサーとして配置するわけにはいかないというのもあるのかも。

 やはり、パシフィコとハロプロの相性ってあんまり良いような気がしないような。

 「Password is 0」では、ステージ上のピンスポのフラッシュが眩しすぎてスクリーンが
まともに見れなかったりも(笑)

 しかし、声がよく通る会場なので、
鈴木・菅谷・小田とかは凄かった。
それに限らず、平均して歌が上手く聞こえる会場ではあったが。

 特に鈴木愛理のソロである「My alright sky」は圧巻の一言につきるほど、
素晴らしい物であった。
それは、推し関係なく、会場に居たオーディエンスを黙らせるほどであった。

 今回のメインディッシュの一つであるjuice=Juiceについては、
瑞々しさを保ちつつ、良い感じで熟し始めてきたようで。
その辺りは、若いメンバーと
年長者である宮崎、金澤の二人で上手く相乗効果が表れているのではないかと。
 最初のMCでも、金澤が仕切り役だったが、
けっこう余裕を持って落ち着いたMCをやっていた。
 以前は、本当に妹分グループと言った感じだったが、
現在では他のグループと肩を並べても恥ずかしくないような成長を遂げてきていると感じる。
 そして、植村が 「思い出の地ということで、ファン(推し)じゃない人にももっと知
ってもらえるように」と語っていたのを聞いて、そういうのを語れるように
なってきたかと感慨深かった。


 もう一つのメインディッシュであるスマイレージは
7月15日に武道館公演が決まるという、本当の意味でのサプライズがあり。
もらい泣きしそうになる・・・というか、ちょっと涙ぐんでしまった(笑)

 今回、Juice=Juiceを除いてハロプロの中で春ツアーは
スマイレージのみライブツアーだったが、
ホールでやらないのも、元々武道館やるという計画があったからかなと。

 最初はただ単に差別されただけなように見えたライブツアーも、
今年の冬ハローからの短期間での目覚しい成長を見ると、
あながち間違いではなかったのかも。

 そして、スマイレージの新曲「ミステリーナイト!」も
ライブで初めて聞いたがなかなか良かった。
ここ最近の、半ば無理矢理のように見えた
大人路線を取り入れたパフォーマンスについても、
表現力を手に入れるという結果に結びついたのであれば納得がいくのかもしれない。

 研修生で今回、目を引いたのが、
牧野 真莉愛
新沼 希空
野村みな美
の3人。

 特に、
牧野と新沼はカメラに抜かれた瞬間の
ひきつける魅力感(オーラ)がすごかった。

 そして、田中卒業ライブ以降の生ラベンダー。
まあ、宮澤と魚住は、ももちのバースデー以来となるため
そこまで懐かしさはないが。

 田中はけっこう歌い方が代わっていた。
基本的には田中れいなだが、
アイドル的なキャピキャピ感が無くなっていた。

 岡田はメイクがだいぶ変わって以前よりも綺麗になった印象を受けたが、
それ以上に歌唱力が格段に上がっていたことに驚いた。
 以前は、素人に毛が生えた程度の印象だったが
プロの歌唱がしっかりと出来るようになってきたのかなという気がした。
 宮澤はももちのバースデーから間もないうちに
髪の色がすごいことになっていたほうに驚いたが(笑)

 田中は冗談半分で(?)「メンバーの人選はルックスを中心で」みたいなことを語ってたようなきがしたが、バンドとして形になってきたところを見ると、やはりちゃんとオーディションして選んだだけあるなと感じた。

(※ここから、セットリストをなぞりながら)

MC 和田・宮崎から公演についての簡単な説明(メイン)

(※まず各グループ2曲ずつ歌い(メインディッシュは倍以上)、
基本、最初にアタック映像、一曲目と2曲目の間に挨拶程度のMC有り)
【Berryz工房】
アタック映像
M1.1億3千万総ダイエット王国(右サイド)
MC
M2.もっとずっと一緒に居たかった(センター)

【モーニング娘。】
アタック映像、auのcmと来て、森三中の大島・黒沢から、
事前に配布されたオレンジ色のサイリウムを使うようにお願いするムービーが流れる
M3.Password is 0(センター)
MC
M4.What is LOVE?(センターからサビ1で花道を抜けてメインへ)

【°C-ute】
M5.心の叫びを歌にしてみた(センター)
MC 前の2グループに比べてちょいと長めだった
M6.Crazy 完全な大人(サイド)

【Juice=Juice】
M7.裸の裸の裸のKISS(メイン)
MC
M8.五月雨美女がさ乱れる(イントロ開始してメインからサブへ。サビでセンターへ移動し、左サイドも)
M9.ロマンスの途中(曲途中で右サイドへ)
M10.私が言う前に抱きしめなきゃね(右サイド。2Aにセンターで、ラスト付近でサブ)

【スマイレージ】
M11.ミステリーナイト!(センター)
MC ここで武道館告知のために、さわやか五郎登場で、客一斉にブーイング。
いっそのこと、つんくの代わりにさわやか五郎が歌ったバージョンを流せば面白いかと思いましたが。

 そして、スクリーンにつんくからの武道館告知メッセージが流されて、感激するメンバー。
あやちょも言ってましたが、ホールツアーやりまっせ的な告知かと思いきや、
そこを飛び越えてまさかの武道館という。

 「7/15 日本武道館。私たちは成功させる」とタイトルが書かれたボードが登場。
メンバー全員にサインをさせる。

 印鑑を持ってるかとメンバーに尋ねるさわやか。
持ってないと返すメンバーに対し、懐から何かを取り出すさわやか。

 一瞬、メンバー分の印鑑を持ってきたのかと思いきや、
ここでも、まさかのルージュという。

 サインの横にキスマークをさせようとするさわやかに拒否るメンバー。
そして、さわやかがルージュを引っ込めようとするが、
駆け寄るあやちょ(笑)
その時のあやちょのスピードがめっさ速かったです(笑)

 竹内が感極まりすぎて顔を上げられず。

M12.プリーズ ミニスカ ポストウーマン!(センターからサブを使う。ラスサビ辺りでメインへ)
まだ感極まりすぎで歌えない竹内をフォローするように、歌でカバーしつつ背中を押すような励ましの言葉をかける福田が印象的だった。

 ここら辺では、泣いてしまってしっかりと歌えはしなかったが
竹内自身、基本的な歌唱力は上がっていたかなと。

M13.恋にBooing ブー!(メイン。アウトロで花道へ)
M14.タチアガール(サブ。ラスサビあたりでセンター)
M15.有頂天LOVE(花道からサイド)

MC ももち&道重。
 史上最強のMCコンビ。
クソ面白かった。

 以前は二人でMCをやる時は多少ぎこちないところもあったが、
コンビネーションが上がっていた。

 今回のテーマは
「(新生活が始まるということで)
捨てたい物。新たに欲しい物。」

鈴木(香)「かわいいソックス」
佐藤「細くなりたーい」
 ここで、鈴木をいじる佐藤。
そして、最近、ふくよかさを自ら積極的にネタにしているももちもリアクション。

徳永「美白な肌がほしい」
 ももち曰く、外で撮影がある時に、徳永だけ日傘が貰えないらしく、
おそらく日焼けしてると勘違いされてるらしい。

 ここで、元地黒の矢島が絡みつつの
地黒トークが面白かったです。
矢島「日焼けしなくなってから、白くなった」
徳永「私、別に日焼けしてないんですけど」

矢島「クラッシャー」
 トランクの取っ手を壊してしまい、タクシーに乗った際に
運転手が荷物降ろそうとした瞬間に「ちょっと待ってください!」的に焦って止めた。
そして、矢島ちゃんの肩に触れただけで小バエが墜落して息絶えるらしい。

福田「色気が欲しい」
 ここで、金澤と絡む。

中西「調子ノリなところ!」
 何回も同じネタを繰り返すらしい。
なおかつ、そのネタも、今更小梅太夫らしい。

金澤「愛嬌」

【ゲストコーナー1「
Bitter&Sweet」】
MC
M16.「Bitter&Sweet」Bitter&Sweet(メイン)

MC ピーベリー(鞘師&和田)
M18.「木立を抜ける風のように」ODATOMO
M19.「Dream Last Train」トリプレット
M20.「嗚呼、素晴らしき日々よ」さとのあかり

 「言霊(KOTODAMA)」みたいな、名前の小田&金澤のユニット「ODATOMO」。
佐藤&勝田&植村のユニット「さとのあかり」
三連音符を意味する岡井&工藤&高木の「トリプレット」。

 ODATOMOは、生で聞くとやはり、
金澤の歌のレベルが小田に劣っている部分が目立つので、ハモリがグダグダだった。
金澤も着実に上手くはなってはいるのだが。

 「さとのあかり」は特に面白みはないかなと。

 トリプレットは、全員ある程度歌えるメンバー(工藤については、グループではそこまで歌割を与えられてるわけではないが)ですし、曲自体がアップテンポで疾走感があり聞きやすかったりはするので、一番受け入れられやすいかも。

MC 田辺・浜浦・牧野 ハロプロの各グループのツアーの告知を

【ゲストコーナー2「
LoVendoЯ」】
M20.不器用(LoVendoЯ)(メイン)
MC
M21.BINGO
MC 福田・金澤
M22.おへその国からこんにちは(ハロプロ研修生)

【ソロコーナー】
M23.もしも...(工藤遥)(センターからサイド)
M24.My alright sky(鈴木愛理)(メイン)

【ここから各グループ】
M25.アレコレしたい!(Juice=Juice)(センター)
M26.ええか!?(スマイレージ)(メイン。2Aから花道。ラスサビあけでセンター)
M27.Love take it all(°C-ute)(メイン)
M28.大人なのよ!(Berryz工房)センター
M29.Help me!!(モーニング娘。'14)(メイン)
M30.JUMP(全員)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。