スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想・レポ】 「モーニング娘。コンサートツアー2013秋 CHANCE!」 2013.11.28(日本武道館)

IMG_0220_R_201311302111348d8.jpg

「モーニング娘。コンサートツアー2013秋 CHANCE!」
日時:2013.11.28 18:30~
場所:日本武道館



 ついに最終公演を迎えることになった
「モーニング娘。コンサートツアー2013秋 CHANCE!」。

 その最終目的地となるのは、日本武道館。

 現在のモーニング娘。にとって、メンバー卒業がある時にのみ
行われると言われている、ある意味いわくつきの場所である。

 今年の5月で、パフォーマンス重視だった頃のモーニング娘。を支えていた
最後の歌唱メンバーと言われていた
田中れいなが抜けていき、その状態で、
そういった場所での公演を成功させることは
メンバーの自信にも繋がるとは思うため、
開催するには良いタイミングでもあるのではないでしょうか。

 そして、今までのツアーの中で一番体力を使うと言われた中で、
メンバー全員、大きな怪我もなく
オフィシャルの「○○についてのお知らせ」も特になく
本当によく乗り切ったなと。

 当日、日替わり生写真とかが欲しいと思ったため、
15:00に現地に着く・・・が、グッズ売り場にはほとんど並んでない(笑)

 まあ、今回、特別なグッズというのはほとんどなく
当日限定の生写真とファイナルTシャツぐらい?
 トランプに絡めた何かとかありそうかなとも予想してましたが、
そういうのも特に無く。

 「カラフルキャラクタ」のツアーであったような
ツアートラックミニカー的なおバカグッズも売って欲しかったような気がしますけどね。

 今回のツアーは衣装のパターンが多かったのに伴い
生写真の種類だけは、やたらと多かったような気がしますが。


 当日の日替わり。
IMG_0222_R_20131130211131566.jpg

 とりあえず、ガチャ2回やったら鞘師と小田のが出る。
IMG_0223_R_201311302111335fe.jpg
 グッズ購入後、時間がだいぶ余っていたので「東京国立近代美術館」にて開催されている
「クローズアップ工芸」と「クーデルカ展」に行くが、
ついたのが16時ぐらいだったので、時間がない(笑)
それでも色々と見れたので良かったかなと。

 本編に話を戻すと、
今回のセットリストについては、ツアー本編とほとんど変わらず。

 オープニングアクトで、
「初めてを経験中」Juice=Juice
「良い奴」スマイレージ
が加わったのと、

M11「坊や」
M12「ふんわり恋人一年生」が
「イジワルしないで 抱きしめてよ」Juice=Juice
「ええか!?」スマイレージ
に変わったのみで。

 Juice=Juiceとスマイレージは
曲以外でもバックダンサーとして最後までステージに参加。
 Juice=Juiceはわかりますが、
まさかスマイレージまでバックダンサーで出続けるとは思いませんでしたが。

 今回、Juice=Juiceとスマイレージの二組が武道館の舞台に立つことになり、
現在のパフォーマンスから武道館の可能性も探ることが出来るわけですが、
デビューしたてのJuice=Juiceはともかく、
スマイレージについてもまだまだという印象はありました。

 スマイレージはグループ全体のレベルを上げなくてはいけないでしょうね。
今やってるライブツアーをこなし、いつかのホールツアーへとつなげて
グループとしての方向性をどのぐらい見出しつつ成長出来るかにかかってるかなと。
まだまだ手探りでやってる感じが見てる側としては伝わってきたんですよね。

 この2つのグループの印象というよりも、
「イジワルしないで 抱きしめてよ」の高木の上手さが際立っていた印象を受けました。

 今回のステージのセットは
アリーナ席の前方部分を潰して花道とセンターステージを追加した感じで。
 最近のハロプロでは珍しい形になってましたが、
今回のツアーはフォーメーションの移動が多いステージングと、
その集大成と考えると
なかなか上手い具合にはまっていたかと。

 特に、M8「I WISH(updated)」で9・10・11期メンバーが歌い終わり、
道重が登場する後方のステージを見上げる場面とか
中世ヨーロッパの絵画を見てるように錯覚するぐらい美しい光景でした。
ちょうど座席が1階の東スタンドだったので、角度的に良かったんですよね。

 今回座った席について、上記に書きましたが、とにかく近い。
ファミリー席のように座ってここまで近くから見ることが出来る機会というのもなかなか無いかなと。

 今回のツアーはワイドに広がるフォーメーションが多いため、
今回の座席はおあつらえむきでもあるんですよね。
 メンバーがワイドに広がった時に、
最端まで来たメンバーとの距離がやたらと近く、
おそらく距離にして5mもなかったんじゃないかと。

 最端で見かけたメンバーは、
道重・鞘師(ムーンライトぐらい)・譜久村(最後の挨拶)・小田(OK YEAR!のとき)・工藤・飯窪・宮本・和田(スマイレージはどちらかと言えば西側が多かった)。

 特に、道重や工藤、宮本あたりが東のステージの端に来ることがけっこう多かったです。
生田、石田、佐藤あたりはこちら側では全然見かけませんでしたが。
鞘師は近距離で見ると、華奢で本当に女の子といった感じでした。
 和田は陸に上がったマーメイドみたいで、
長い手足をいかしたダンスは綺麗でしたね。

 宮本は工藤とダンスの質がけっこう似てるところがあるかも。
特に昔の名残がある振り付けとか。
そう考えると、モーニング娘。に入りたかったという想いは
かなり大きかったのであろうと。
 あそこまでキレキレなダンスを披露してると、
「イジワルしないで 抱きしめてよ」のMVで
石田が代わりに踊ったのは本人は相当悔しかったでしょうね。

 工藤については、抜群に曲中の煽り方が上手かったですね。
そこのパフォーマンスだけを見て、
グループを引っ張っていってくれそうな印象受けるところに
リーダーの片鱗が見えたというか。
 他のメンバーにはない、上手い下手以上に持ってるものがこの子にはあるというものが感じられ、その正体がぼんやりとしていて掴みにくいところがあり、
そのあたりが前述した、工藤の中でまだ花開く前の蕾状態である
「リーダーシップ」的な要素なのかも。
 年功序列関係なしで精神的に成長すれば
工藤がリーダーとして引っ張っていくという画も創造できるような気がします。

 全体で踊った中ではウルフボーイが近距離で見れて良かったですね。
小田の前傾姿勢とか、コンパクトな石田が
良いウルフガールっぷりを発揮してました。

 ここからMCの感想やレポなどを。
序盤の「挨拶」では「ニッポンコールプロジェクトの告知」が加わってました。
 なぜに今更?と思っていたら、
会場の声を集めてスクリーンに映った炎を大きくするという演出があり。
一回目は小さく、二回目のフリで大きくなるという予想通りな展開が。

 「チャンス!」カードでは、
メンバー全員が横並びになった瞬間、客がどよめく。
 そして、メンバー全員で質問に答えるという
最終日にふさわしいスペシャル仕様。

 仕切るのは飯窪。

 道重がカードをひいて「ン」。
テーマは「ツアー中に起こった事件を1ページ『○○事件』と名称をつけて」

飯窪「チャック全開事件」

鈴木「人命救助事件」

小田「佐藤さんちょっとやりすぎです事件」

生田「生田がスベル事件」

石田「生田さん呼び捨て事件」

鞘師「チャック全開事件パート2」

工藤「おいこら石田事件」

佐藤「じみしげさん事件」

譜久村「はげた事件」

道重「アップデート事件」

 鈴木の「人命救助事件」は誰かを助けたのではなく、
鈴木がしゃがんだ時にパンツ(ズボン)がずり下がったのを佐藤が目撃し、
最初は爆笑してた佐藤がそれを上げて助けてやったという話なのだが、
佐藤曰く「鈴木さんを助けるためではなく、自分の爆笑を止めるためにやった」とのこと。

 小田の「佐藤さんちょっとやりすぎです事件」は
向かい合う曲の時におどけた表情をしてふざけてくる上に、
さらに曲中つねってくると。

 佐藤は弁解しようとしてフクちゃんの腕をつかって何かを表現しようとするが
フクちゃんはわからないのポーズをして助けてもらえず(笑)

 そして何かわめいてる佐藤に追い討ちをかけるように、
小田「2回もツネッてきたんですよ!」。

 鞘師の「チャック全開事件パート2」は
ここに至るまで「
I WISH(updated)」の衣装はすべての公演で
パンツ(ズボン)のチャックが全開だったらしい。

 「見せる」的な空気になっていき、
嫌がってるのか嫌がってないのかよくわからないようなリアクションをしてるようで嫌がってない感じの鞘師。
道重も「鞘師が良いんだったら、良いんじゃない?」と許可を出す。
「今日は(チャック)大丈夫です」とズボンを見せたあとに、
なぜか、そのタイミングで
「ちょっとだけよ~」と唐突に言い始める鞘師に、一瞬戸惑う会場(笑)
そして、道重は体をくねらせて悶えていたが、さすがにちょっと気持ち悪かった(笑)

 武道館前日に「What is LOVE?」の
「What do you want?」の部分をファンが言ってくれと、
工藤&生田含めて、やたらとお願いしていたと思ったら、
どうやらMVの撮影をその場でするらしいとのこと。

 「J-MELOさんの・・・」と道重が告知するところで、
カミカミだったため、客が、ちょいエーイングしたが
空気を呼んでいた 生田が、微動だにしませんでした。
 歌中、バックのスクリーンを見たらそれほど客席が映ってなかったので
そこまで客席は映らないのかもしれません。
(実際、スクリーンに映ってた映像が使われるのかは不明ですけどね)
 そして、歌終了後
「今回撮影したMVは、新春のニューシングルの特典映像に入ります」的な、けっこう重要だと思われる告知をサラッと話す道重。

 最後の挨拶は、今まで溜めていた気持ちを吐き出すかのように、メンバー全員定型ではなく、思い思いに語る。
 今まで完全に定型だった小田が言葉を噛み締めながら
「今まで以上に歌割、パートが増えた」と語るのが印象的でした。

 そして、最後に「(同期や先輩が卒業していき、自分ひとりになった中で)ここまで来れたのはなぜだと思いますか?」と会場に向かって語りかけたあとに、
「後輩が頼りになったから」と語る道重。
 その言葉を聞いて、号泣するメンバー。
第一声で「ファンの人のおかげで」と語らずに、
まずその言葉を言ってあげてほしいとファンが思うところを
さりげなく実現してくれるところが道重らしい。

 そして、最後、コール&レスポンスを披露するところでは
「男の人ー!」「女の人ー!」「禿げ気味の人ー!」
と、ここでも道重らしさを出すと共に、
禿げではなく禿げ気味とするところが道重なりの思いやりといったところでしょうか(笑)

 「卒業とは関係なく武道館公演が今回出来て、毎年出来るように頑張りたい」と改めて語る道重。
 以前、高橋卒業が発表され、そのことについての
自分自身の想いをラジオで語った時に、
「このタイミングでこういうのは・・・」と切り出しつつ
「卒業とは関係なく武道館をやりたい」と語ったのですが、その時を思い出しました。
 私が、道重がリーダーになるのを確信した放送でもあったのですが、
本当に道重がリーダーになったタイミングで、
その想いを達成するのは実に感慨深い。

 9期加入以降の高橋、新垣、光井、田中が今回の光景を見たら
どう思うのかというのを聞いてみたい気はします。

<セットリスト>
OA1「初めてを経験中」Juice=Juice
OA2「良い奴」スマイレージ

M1「ワクテカ Take a chance(updated)」
M2「愛の軍団」
MC(挨拶&ニッポンコールプロジェクト告知)
M3「ウルフボーイ」
M4「Moonlight night ~月夜の晩だよ~」
M5「THE マンパワー!!!(updated)」
M6「負ける気しない 今夜の勝負」
M7「Help me!!(updated)」
MC(道重一人MC)
M8「I WISH(updated)」
M9「歩いてる(updated)」~「ラララのピピピ」

<M10~12回替わり>
M10恋愛ハンター(updated)
MC(「チャンス!」カード)メンバー全員

M11「イジワルしないで 抱きしめてよ」Juice=Juice
M12「ええか!?」スマイレージ

M13「ザ☆ピ~ス!(updated)」

M14(メドレー)
「そうだ!We're ALIVE(updated)」
「SONGS」
「なんちゃって恋愛」
「好きだな君が」(道重・譜久村)
「SEXY BOY~そよ風に寄り添って~」
「Take off is now!」(鞘師・石田・小田)
「しょうがない 夢追い人」
「トキメクトキメケ」(道重・譜久村・生田・飯窪・石田)
「ドッカ~ン カプリッチオ」

M15「One・Two・Three(updated)」
M16「ブレインストーミング」
M17「わがまま 気のまま 愛のジョーク」

EN1「What is LOVE?」
MC(締めの挨拶)
EN2「OK YEAH! 」


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モーニング娘。
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。