スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想・レポ】 「モーニング娘。コンサートツアー2013秋 CHANCE!」 2013.11.4(宇都宮市文化会館大ホール・昼夜)

「モーニング娘。コンサートツアー2013秋 CHANCE!」
日時:2013.11.4 15:00~、18:30~
場所:宇都宮市文化会館大ホール



 事前の天気予報では、雨降りと言われていて、
出掛けや中継駅では降っていなかったのに、
宇都宮駅から一歩足を踏み出した途端に雨が降り出すという。
結局、駅の売店で傘を買う。

 約半年前に、モーニング娘。のコンサートで来た時も
雨についてはとんでもない目にあいましたが。

 前回来た時は「栃木県総合文化センターメインホール」だったので
それと同じ感覚で、徒歩でいったら・・・クソ遠い(笑)
 まあ、宇都宮市文化会館大ホールの公式HP を見ると
「JR宇都宮駅西口バスターミナルよりバスご利用の場合、約20分」のみ書かれ
ているので、普通は徒歩で来るもんじゃないと察しなければいけないんでしょう(笑)。

結局、JR宇都宮駅から会場まで4、50分ぐらいかかったかな、確か。

 帰りは臨時バスが出ているので、それに乗る。
途中で乗り込んだ人で満員にはなってましたが、会場前ではそんなに乗ってる人は居なかったですね。
なので、けっこう余裕で座れました。
まあ、自家用車で来てる人、多いんでしょう。

 バスが嫌という人は、タクシーもかなり停まっていたので、そちらを利用すると良いかもしれません。

 今回の公演を見ての感想。
衣装はツアー開始時よりも変更や追加があり。
 近未来的なツアーのイメージ衣装が、鼓笛隊とかが着てそうな赤い衣装にチェンジ。
あとは追加で、
なぜか生田カラーの黄緑のショートトップ&ホットパンツに黒いビラビラみたいのが付いたやつ。
ハロプロの衣装はビラビラ好きやな(笑)
 そして、メドレー途中で出てくるバレエのチュチュ風の衣装。
ドミノピザのロゴ風衣装はそのまんま残ってました。

 ツアー開始時から着用していた衣装を全て並べてみると。

トランプ兵
スターウォーズ
鼓笛隊
生田
チュチュ
ドミノピザ
カウガール

 宇宙船をイメージしたセットと合わせても、どういうコンセプト?(笑)
まさに、スピルバーグもビックリといった感じでしょうか。

 パフォーマンスなどの印象について。
 本公演については、9月28日に茨城県立県民文化センター大ホールに開催された公演を見て以来、
約一ヶ月ぶりのの観賞になりますが、
短期間にも関わらず、かなりレベルアップしていて驚きました。

 着実に安定度が増してきている小田。

 道重も、いつもであれば夜公演では疲労が前面に出てくるのですが、
今回は終始笑顔でだいぶ調子良さげでした。

 昼公演はバルコニー席の右側で、
夜公演は2階席の最前ということで、かなりステージとの距離も近かった。

 なぜか、昼は鈴木が気になったので目で追ってみると。
 上半身はだいぶ滑らかな動きが出来ていた。
しかし、それに反して下半身の動きの出来不出来が激しい。
大きくキックをする動作の時は、メンバーの中でも一、二を争うぐらい綺麗に上がっているのだが、コンパクトなキックの動作は体型によるものなのかイマイチ。
歌のほうも調子良かった分、イマイチな部分が悪目立ちするのがもったいない。

 夜は結局、終始鞘師の動きに注目する。
今回のツアーでは、常に最前のポジションではなく、
フォーメーションの両翼な位置も含めて交互にポジションを入れ替えることが多い、鞘師。
最前、もしくは逆三角形の端っこなどにも顔を出す。
 今回のツアーを通して更に表現力に磨きがかかり、
前でも後ろでもすごいんです状態で、その存在感を如何なく発揮していた。

 グループ全体としては、
特に、M4「Moonlight night ~月夜の晩だよ~」あたりからの
パワフルな楽曲が続くところは、そのパワフルさが更に増してる感じで。

 後半のメドレー以降は、音についてのアレンジもけっこう変わっている部分があり、
ツアー開始時からはメドレーはぶつ切りになっていましたが、
よりメドレーらしくなってたかなと。

 「負ける気しない今夜の勝負」では、
「8時だよ全員集合」のオープニングみたいな、片方ずつの腕を下から上まで叩くという
振りが加わっていた。

 ツアー中盤から研修生も帯同するようになり、
オープニングアクトとして
「おへその国からこんにちわ」を披露。
M13「ザ☆ピ~ス!(updated)」あたりから、
一部の曲はメンバーのバックで踊る。
対象の曲数はけっこう大目で、
もうちょっと絞っても良かったかも。

 昼公演のメドレー内、
「Take off is now!」(鞘師・石田・小田)の曲前では、
佐藤・工藤・鈴木のダンスという華が更に添えられていた。
ここに限らず、イマイチだった昼のメドレーは
全体的にだいぶ改善されたようで。

 EN1「恋愛レボリュ-ション21(updated)」は、
腰振りダンスが無くなっていたのがかなり残念。
フクちゃん・・・

 M8「I WISH(updated)」は、工藤の歌い出しが大丈夫か毎回気になるが、
今回は特に問題なし。
まあ、本ツアーでは、もう外すこともないでしょう。


 本公演のMCなど。
 道重一人MC。
昼。
テーマ「今までコンサートやイベントなどで着た衣装の中で、一番思い出深いもの」

 「彼と一緒にお店がしたい!」の女の子らしい衣装で、道重「さゆみが一番可愛い」。
通常は、本番一週間前に衣装について話があるが、それより前に聞かされていたのが
「きまぐれプリンセス」と「ピョコピョコウルトラ」の二つ。
 「きまぐれプリンセス」は「尻が出ているのが愛ちゃんだと思った」
 「ピョコピョコウルトラ」は「チキンラーメンみたいのだったらどうしよう・・・」と新垣と話していたら、そうじゃなくて一安心だったと。
「皆さんにとって好きな衣装は、いずれは聞いてみたいと思います」と、締め。

 夜。
テーマ・・・というか、C-uteの岡井ちゃんから。
佐藤とアドレス交換して、いざメールし始めたら、

佐藤「本物ですか?」
岡井「本物だよ」
佐藤「ほんとに本物ですか?」
岡井「本物だよ」
佐藤「ほんとのほんとに本物ですか?」

と、アドレス交換して分かってるはずなのに延々とそのやりとりが繰り返され、
岡井ちゃんから写メを送ったらやっと信用してもらえたと。
そして、佐藤の話終了後、「前置き長!」とツッコむ道重。

 そして、肝心の質問は
「本人の前で『カワイイ』と褒めると、ももちは当然のごとく受け入れるが、道重さんは照れますよね」的な結局質問になってないような内容。
 目の前で言われると、やっぱり照れるので、裏では言って欲しいと、道重。
だが、「裏でも言われてるの聞いたことないですけど」。
 そして、話はそれるが、
「ハロコンで植村が、道重に『歌が上達するにはどうすれば言いですか?』と聞いてきたが、自分に聞かれても困ると」。
そして、同じ天然である佐藤も聞いてきて、なおかつ本番中だっため、「聞くな」と言ったにもかかわらず、別の会場でも本番中に聞いてきたので冗談交じりに恫喝(笑)したと。

 MC(「チャンス!」カード)
昼。
道重・譜久村・飯窪・佐藤・工藤。
引いたカードは「ン」で、テーマ「一年間、毎日食べ続けるとしたら」

飯窪「チョコレート」
工藤「塩」
佐藤「プーさんのハチミツ」
譜久村「黒豆」
道重「さゆみの手作りのきんぴら」

 譜久村は、元々調理してある黒豆ではなく、
そのままを買って自分で炒ったあと、カリッと噛むと美味しいとのこと。
お嬢様らしいトークで、聞き入ってしまいましたが。
人を引きこむトークが出来る要素はあるんだけどねぇ、フクちゃんも。

 佐藤は、何かあるたびに「プーさんのハチミツ」が出てくるような気がするので、
「今まで食べた物」以外の質問では、たぶんこの答えが出てくるでしょうね。
春ツアーでは、とにかく「鬼ごっこ」でしたが(笑)。

 架空の食べ物を挙げた佐藤に対し、ツッコむ飯窪だが、
さらにそれに対し、
「はるなんには未来がわからないから!」
を強調する佐藤。

 道重の場合は食べ続けるというよりも、
ヒサビサにきんぴら作ったら腕が落ちて辛いのが出来上がったので
毎日作り続けて腕を上達させたいと。
ここでも「はるなんに食べさせられるように頑張る」と言っていたが、
まあ、おあづけ状態を続けるつもりでしょう。

 2つ目に引いたカードは「チ」で、
テーマ「一日だけ他のメンバーになれるとしたら」

飯窪「生田さんになって、一日、自信満々に生きてみたい」
工藤「佐藤になって、『たなさた~ん』と田中に抱きついてみたい」
佐藤「はるなんのマイク」
譜久村「嗣永さんになって、家でじっとすごしたい」
道重「つんくさんになって、お金持ちの生活を送ってみたい」

 佐藤については「人間じゃないからダメ」とツッコまれて
反抗するが、いつもとは違い譲ってもらえず不機嫌になる。
 「何時でも佐藤のワガママは通らない」という、
飯窪なりに佐藤の成長も考えてのことでしょうね。
ここで佐藤も更に上を行って返せるようになったら、また一歩成長したことになりますが。

 譜久村については、とにかく道重からツッコミが入る。
理由としては「ピンクに囲まれてみたいので」とのことだが、
「映像で映ってるところだけピンクになってる」と道重。
そして、「ピンクの一部分が黒くなってたらどうする?」と
意地悪な質問も含めて、攻めてくる道重に屈しないフクちゃん。

 夜。
鈴木・生田・鞘師・石田・小田。

 一つ目の引いたカードは「ン」で、
テーマ「最近で一番恥ずかしかったこと」

鈴木「佐藤がついたウソにのってしまった」
小田「起立・礼で、おもいきり頭をぶつけてしまった」
生田「学校の校門で知り合いだと思って声かけたら、全くの別人だった」
石田「スベりすぎて無い・・・なんちゃって!」
鞘師「珍しいボーダー柄の靴下を履いていたら、目の前のおじさんがやたらとそこに目を向けていたので、靴下の柄に注目していると思い込み、『どうも~』みたいな感じで挨拶したら『うしろの折鶴綺麗だよねぇ』みたいな感じで、おじさんは実は壁の柄を見ていたとのことで、結局、鞘師の勘違いだったと」
その時、鈴木も一緒に居たらしい。

 二つ目に引いたカードは「ヤ」で、
テーマ「映画やドラマに出るとしたら、やってみたい役」。

鈴木「けなげなヒロインの横に居る人」
小田「主人公が住んでるアパートの隣人で、ミステリの鍵を握ってるような人」
生田「学園ドラマで不良の役」
 鈴木のフリで、演技してた生田。

石田「ヒーローに守られるヒロイン」
 理由を聞かれてスベる石田。
石田「楽天が優勝したから、舞い上がってるんですよ~」
鈴木「楽天に逃げないようにね」

鞘師「時代劇でカツラを被って、綾瀬はるかのような信念の強いヒロイン」
オーディエンスに向かって「よろしくお願いしま~す」と鞘師、
鈴木「お客さんに向かって言っても(笑)」とツッコマれる。

 セットリストは、基本同じで
「チャンス チャンス ブギ」が「OK YEAH! 」に変わったのみ。
 そして、今回の一番のサプライズと言えば、
夜公演のアンコールの会場一面のハニー一色と、それに合わせた「はるなんコール」。
アンコールで客席が映し出される中、
両手でサイを掲げるPA席も映し出されるという、なかなか珍しいショットも。

 「はるなんコール」後の、

EN1「恋愛レボリュ-ション21(updated)」が始まり
フォーメーションの真ん中で
飯窪がど真ん中で泣きながら登場するところなんかは、
かなりかっこ良く見えました。
長身なので、なおさら映えるというか。

 他のメンバーも雰囲気を考えてなのか、
「恋愛レボリュ-ション21(updated)」
の最初のほうはあまり激しいフリで雰囲気を壊さないように
意識してたような気がしましたが。
 曲の後半からは徐々にエンジンをかけていって
加速させるように調整してたように見えました。

 最後のMCでは、道重が音頭をとりつつ
飯窪へのハッピーバースデーの大合唱もあり、
道重から飯窪へのハグのサプライズもあり。

<セットリスト>
M1「ワクテカ Take a chance(updated)」
M2「愛の軍団」
MC(簡単な挨拶)
M3「ウルフボーイ」
M4「Moonlight night ~月夜の晩だよ~」
M5「THE マンパワー!!!(updated)」
M6「負ける気しない 今夜の勝負」
M7「Help me!!(updated)」
MC(道重一人MC)
M8「I WISH(updated)」
M9「歩いてる(updated)」~「ラララのピピピ」

<M10~12回替わり>
【昼】
M10恋愛ハンター(updated)
MC(「チャンス!」カード)道重・譜久村・飯窪・佐藤・工藤
M11「ふんわり恋人一年生」
M12「坊や」
【夜】
M10「A B C D E-cha E-cha したい」
MC(「チャンス!」カード)鈴木・生田・鞘師・石田・小田
M11「坊や」
M12「ふんわり恋人一年生」

M13「ザ☆ピ~ス!(updated)」

M14(メドレー)
【昼】
「そうだ!We're ALIVE(updated)」
「SONGS」
「なんちゃって恋愛」
「好きだな君が」(道重・譜久村)
「SEXY BOY~そよ風に寄り添って~」
「Take off is now!」(鞘師・石田・小田)
「しょうがない 夢追い人」
「トキメクトキメケ」(道重・譜久村・生田・飯窪・石田)
「ドッカ~ン カプリッチオ」
【夜】
「そうだ!We're ALIVE(updated) 」
「君さえ居れば何も要らない」
「愛され過ぎることはないのよ」
「普通の少女A 」(佐藤・工藤)
「地球が泣いている」
「アイサレタイノニ…」(鞘師・譜久村・鈴木・生田)
「3,2,1 BREAKIN' OUT!」
「ブラボー!」

M15「LOVEマシ-ン(updated)」
M16「One・Two・Three(updated)」
M17「ブレインストーミング」
M18「わがまま 気のまま 愛のジョーク」

EN1「恋愛レボリュ-ション21(updated)」
MC(締めの挨拶)
EN2「OK YEAH! 」



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モーニング娘。
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。