スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想・レポ】 「Queen of J-POP~たどり着いた女戦士~」 2013.9.10(日本武道館)

IMG_8199_R_20130911224955956.jpg

「Queen of J-POP~たどり着いた女戦士~」
日時:2013.9.10 18:30~
場所:日本武道館



 9月10日は℃-uteの日。
毎年恒例となっている、℃-uteのメンバーとファンにとっても特別な日であり、
今年は一層、想い入れが深い日となったのではないでしょうか。

 その理由は言わずもがな、メンバーがライブをやる上での目標であった
武道館での公演が達成される日でもあるからです(実質、前夜祭となる9日に達成はしてるんですけどね)

 色々な想いが交錯すればするほど、客観的に物事を見るのは難しい物であり、
こういう時のライブを冷静に評価するのも変な感じがするというのも事実で、
なんて書いて良いのか分からない感じですが(笑)

 「℃-ute最高!」という一言で締めくくるのもアリだとは思うのですが、
それだったら、ただ単に呟いておけば良い話だと思うので、
感じたことをそのまま。

 見終わって振り返ってみると
、正直、物足りなさを感じたところは結構多かったかなと。

 もうちょっと武道館らしい演出とかが欲しかったかも。
森高登場とかそういうサプライズとかではなく。

 「トレジャーボックス」のツアーで色々と試したのが
武道館でどう表現されるのかとも気になってましたが、
そこがあまり生かされてなかったのも残念だったかなとは思いました。

 しかし、最後のMCでの中島と岡井のワンピース泣き(※漫画ONE PIECEである、顔をグチャグチャにする泣き方)を見ると、「終わりよければ全てオッケー」という言葉で納得できるところもあるんですよね。

 ここから、セットリストをなぞりながら。

 まずは、オープニングアクト
Juice=Juice「ロマンスの途中」
宮本は椅子に座りながら上半身で一所懸命にど根性パフォーマンスを魅せる。

 
Juice=Juiceのパフォーマンス終了後、
イントロが流れ始め、
バックスクリーンに階段が映し出され、
今までのシングルのジャケットと共に上へと登って良き、
最上段に辿り着くと共に、5人のシルエットが映し出され、
そのまま本人登場というオープニング。

M1「Kiss me 愛してる」
 メンバー全員、緊張してるからなのか、一曲目から声は安定しない感じで。
ステージ前面全てを覆うぐらいの量の炭酸ガスが噴き出る演出があったが、
それがあるからといって何かあるわけではなく、単に見えにくいだけだったような・・・
 後半の「トレジャーボックス」の曲のところでも同じ演出があったが、
あまり効果的では無かったかな。

M2「憧れ My STAR」
 メンバーの衣装は黒のジャケット、黒のタイトスカート、白のブラウスに黒のネクタイとOL風。
そして、黒の部分にはラメが入っている。
間奏部分では、一旦メンバー全員が捌けて、
一人ずつ登場しつつの自己紹介VTR&パフォーマンス。

MC
 いつも通りの挨拶と共に、さっそく岡井ちゃんの「ライブハウス武道館へようこそ」がさく裂。

M3「都会の一人暮らし」
 新曲。
 イントロ・間奏・アウトロ部分はJuice=Juiceっぽいファンクな感じだが、
歌が始まると途端にポップに変化する曲で、
歌詞はそのまんま都会の独り暮らしに憧れる女子の心境を歌ったもの。
 うろ覚えですが、上京する彼についていくか迷ってる要素もあったかな、確か(笑)
聴いてて「またかい!(笑)」と心の中でツッコんでましたが。

MC
 「9月10日は℃-uteの日」がここで飛び出す。
「おめでたい」と言えばオリンピックという矢島ちゃんの話で、
2020年に東京でのオリンピック開催が決まった時に、
明け方寝ていたら、親父に思いっきり起こされたという話。
 「他のアイドルもまとめて一本背負いしたいと思います!」と
意気込んで会場が湧く。

M4「ベーグルにハム&チーズ」
 今回の公演で一番見みることが出来て良かったと思ったのが、
この「ベーグルにハム&チーズ」と後程出てくる
「浴びる程の愛をください」の鈴木・岡井各々の歌唱が活かされた(試される)曲。
 
せっかく声が通る場所なのに、今回の公演では、ここ意外で、
声が活かされるような曲がリストにあまり組まれてなかったのが、なんか勿体なかったかなと。

M5「私が本気を出す夜」
 コミカルなフリが印象的。

M6「夏DOKIリップスティック」(矢島・中島・萩原)
 座席的には、今回、東ブロックで横から見る形になっていたのですが、
フリの中で座った状態で思い切り開脚するものがあって、
ハギちゃんがスカートで思い切りこっち向きに開脚してたのがある意味DOKIでした。

M7「悲しきヘブン」(鈴木・岡井)
 岡井ちゃんが音を取れずにけっこうハモリがガタガタだったかなと。

大サビあたりからBDとして、矢島・中島・萩原が加わる。

MC
  いくつかトークテーマがあった中で印象的だったのが、
萩原の「辞めたいと思った時」。
 SHOCKで歌割が無さ過ぎたので、春には辞めようと決意していたらしく、
岡井ちゃんが風呂場で打ち明けられて、他のメンバーには言わないで黙っていて、
秋のコンサートや舞台がある度に、「もう最後だね」的に萩原に気を遣っていたが、
そのまま時は流れて、実はメンバー全員、萩原の話は知っていたというオチ。

M8「世界一HAPPYな女の子」
M9「Crazy 完全な大人」
M10「悲しき雨降り」


(※チャレンジアクト)
 研修生の自己紹介から、テーマ「この夏の思い出」。
内容は忘れましたが、佐々木 莉佳子が上手かったですね。

M11「めぐる恋の季節」(小川・吉橋 ・室田・田辺・佐々木)

 ここで、研修生が捌けて、メンバー登場。
M12「One's LIFE
M13「僕らの輝き」

 「One's LIFE」はアカペラで、「僕らの輝き」は音が加わって、
ゴスペルっぽい感じになってましたが。
 ハモリが上手く決まってなくて、正直微妙だったかも(笑)
お客さんのほうもどうリアクションして良いのかそっちの空気も微妙な感じになってましたが。
なので、感動するはずだった、次の「たどり着いた女戦士」もイマイチ感情移入できなかった感じですかね。

M14「たどり着いた女戦士」
 バックスクリーンには、歌詞とメンバーのデビュー当時(?)の写真がセットになった映像や
サンシャインで武道館発表の映像が音声付で流れるという演出もあり。

MC
 ここで、「つんくから手紙を預かってきました」的に、まさかの森高千里登場。
ナマで「つんく」が呼び捨てにされてるのがなんか新鮮でしたが(笑)

M15「この街」(℃-ute with 森高千里)

 セリフが日本武道館用にアレンジされた物。
しかし、「この街」は、ぶっちゃけ森高バージョンじゃなくて、
℃-uteがカバーした5人のやつが聞きたかったかも。
 こういう広い会場に適してそうですしね。

 そして、℃-uteメンバーが衣装替えという理由で捌けて、
森高千里
のソロで
M16「雨」

 森高がお役御免で、再度℃-uteのみ。
M17「まっさらブルージーンズ(2012神聖なるVer.)」
M18「都会っ子 純情(2012神聖なるVer.)」
M19「Danceでバコーン!」

MC

M20「浴びる程の愛をください」
 定番曲の連続で身体が温まったのか、
やっとここから岡井の調子が上向きになって安定すると。
ほとんど最後ですが(笑)
 ハロプロの曲は生音との相性はあまり良いとは思えませんが、
この曲は生音でも面白そうですね。
 森高がサプライズゲストよりも、
はたけとかが出てきて、生ギターで盛り上げてくれた方が面白かったかも。

M21「アダムとイブのジレンマ」
M22「これ以上 嫌われたくないの」

MC
 岡井&萩原が残って、客席をあおる。
女性の声は今まで見たハロプロ系の中では一番声が上がってたかも。
それでも、やっぱり男のほうがすごかったですが(笑)

M23「ザ☆トレジャーボックス」
M24「SHINES」

EN1「わっきゃない(Z)」
 通路を練り歩きながらメンバー登場。

MC
 いつもは「みなさんからの温かい℃-uteコールありがとうございます」
なのが、「みなさんからの温かいアンコールありがとうございます」になってました。

 ここから、Juice=Juiceやハロプロ研修生もバックダンサーとして加わって、
ハロコンのラスト状態に。
M26「超WONDERFUL!」
M27「JUMP」


 研修生がフラフープで踊りつつ、五輪を作るという演出もあり。

 なんだかんだで、9月15日から早々に「Queen of J-POP~たどり着いた女戦士~」の秋ツアーが開始されますが、今回の武道館公演見た感じでは想像しにくいですね。
今回の公演の流れをそのまま引き継ぐとだいぶシンプルになりそうかも。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ℃-ute
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。