スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想・レビュー】 アルバム「8 Queen of J-POP」℃-ute

8 Queen of J-POP(A) 8 Queen of J-POP(B)

2013年9月4日発売。
℃-ute8枚目のアルバム「8 Queen of J-POP」の感想。



 今回のタイトルは「8 queen of j-pop」。
8という数字は見方を変えれば
無限の広がりを意味する「インフィニティ」にも見えます。
 それは、上を目指すには限りが無く、
メンバー自身にも可能性は無限大にあるという意味にもなります。

 ハロプロのアルバムは数字が頭に付くのが通例となっていますが、
上記の意味を踏まえると
8枚目となる今回のアルバムに
「queen of j-pop」と名付けたのは
なかなか良いタイミングではないでしょうか。

 今回のアルバムは、全体的に武道館でやる事を
意識した構成になっていて、
聴く側がストーリーを描きやすい物になっています。

 ここから、今回のアルバムの感想になりますが。
既発のシングル曲は除外させていただきます。

1.「ベーグルにハム&チーズ」
編曲:平田祥一郎

 鈴木がフィーチャーされた曲ですが、歌割は均等。
曲調はポップなアイドルソングとなっており、
朝目覚めた時にいつも通りの日常を過ごせることに
感謝を捧げるような意味も込められた楽曲に仕上がっています。

 初見では、こういったタイプの曲が一曲目というのは意外性があるのですが、
通しで聴くと、確かに一曲目で納得できるというか、
今回のアルバムは一連の流れがしっかりと出来ているため
ここ以降の場所に組み込むには難しいのではないでしょうか。

 今回、メンバーがフィーチャーされた楽曲の中では
他の曲に比べ歌割が均等ですが、
他のメンバーのサポート的な役割になると
個性を出すのが苦手な鈴木にとって、
他のメンバーも上手く活かしつつ、かつ
感情を表現するという、更に歌の幅を広げることを
課せられているような気がします。

2.「涙も出ない 悲しくもない」
編曲:AKIRA

 萩原舞をフィーチャーした楽曲。
ここ最近、つんくが多用しているEDM路線を
℃-ute用にアレンジしたものになっています。

 今回、メンバーをフィーチャーした楽曲の中では
唯一ネガティブな物に仕上がっていて、
他のフィーチャー曲では、歌い出しは対象のメンバーになっているのですが、
この曲のみ、歌い出しが他のメンバーで
それに続く形で2フレーズ目が萩原という順番になっており、
それの繰り返しで構成されています。
 そして、サビの部分の1ブロックでは
ユニゾンから始まって、
最後のフレーズが萩原のソロとなっています。

 今回のアルバムの中で、
唯一、コーラスのメンバーとして岡井千聖が
クレジットされているのも特徴的です。

3.「悲しき雨降り」

4.「たどり着いた女戦士」
編曲:上杉洋史

 シンプルなバラード。
事前の情報では大袈裟な煽り文句が目に付いたため、
初め聴いた時にはあっさりしすぎて首を捻ったのですが、
一通りアルバムを聴き終わってもう一度戻ってきた時に、
逆にシンプルさが耳に馴染んできやすいので
このぐらいでちょうど良いと感じました。

 歌詞のほうは、もう少し℃-uteという存在を
思い浮かべやすい物であったほうが
良かった気はしましたが。

5.「Crazy 完全な大人」

6.「日曜日は大好きよ」
編曲:近藤圭一

 矢島ちゃんらしい能天気なキャラが出てるライトな曲調。
日曜の早朝のアニメを見てる気分になります。

 今回のメンバーがフィーチャーされている曲の中では、
歌詞から人物像を一番想像しやすいかもしれません。

 大サビでいきなりキーが上がるところも、
ライブでバテそうでバテない矢島を試しているようで面白いですね。

 歌詞もママとパパではなく、
お父さんやお母さんという呼称も特徴的で、
その辺りは10曲目の中島のフィーチャー曲と比較しても
面白いかもしれません。

7.「浴びる程の愛をください」
編曲:山崎淳

 ここまでの一連の曲とは打って変わって、
イントロでいきなりくるイケイケのギターリフが印象的な、
かなりロックな曲調。

 Aメロの前半2ブロックは全て岡井ソロが中心だが
2フレーズ目にメンバーの後追いのユニゾンが続くという点でも特徴的で、
その後は
1番が鈴木⇒中島⇒萩原⇒矢島⇒岡井⇒ユニ
2番が矢島⇒中島⇒萩原⇒鈴木⇒岡井⇒ユニ
の順で歌割が構成されています。

 元々、岡井は低音が苦手であり
ライブでは苦手なパートは特に
メロディを外してしまう傾向があるため、
今回フィーチャーされた曲の中では
一番歌い手として試されているのかもしれません。

8.「会いたい 会いたい 会いたいな」
9.「アダムとイブのジレンマ」

10.「私が本気を出す夜」
編曲:宅見将典

 ピコピコ音がベースになっていて、
そこにカントリー風味が加わり、間奏ではロックに変化したと思ったら、ヨーデルもいきなり飛び出すなど、かなりユニークな曲。
 聞き手としては『中島、なにやってんのよ?』とツッコミを入れることが出来るのも、らしいかも。
 矢島曲とは対照的に、父・母という呼称なのも特徴的。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ℃-ute
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。