スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想・レポ】 「Hello! Project 2013 SUMMER COOL HELLO!~ソレゾーレ!~」 2013.8.4(中野サンプラザ)

「Hello! Project 2013 SUMMER COOL HELLO!~ソレゾーレ!~」
日時:2013.8.4 15:00~
場所:中野サンプラザ



 ハロープロジェクトの最近と言えば、
岡井ちゃんが見たらルマンドを食べたくなりそうなロゴだけ変わったのかと思いきや
ハロコンの内容的にも正月と比べると格段に良くなってました。

 ハローのコンサート行くたびに、
音響セッティングについて指摘してきましたが、
(主に高音が割れるなど)
今回はだいぶ良かったと感じました。
 最近見た「FNSうたの夏まつり2013」で散々だったので尚更。
 今回のハロコンは全国7大都市で行われたり、
いつも行かないようなところにも行くということで、
見てもらって恥ずかしくないようにという部分でも
かなり意識してるところはあるんでしょう。

 演出のほうでも、
今まで、ハロプロのコンサートはステージ全体を照らすライティングを切り替えるだけ
という単調なものを多用し、色によってはものすごく見づらいこともありましたが、
今回については、メンバーが立っている部分は明るく照らしつつ
ピンスポとか、細かいライトを上手く使って演出してたかなと。
 あと、メドレーパートで
一曲目が開始する前のイントロでは
暗めのライティングを用い、
ピンスポを使ってメンバーの姿を両サイドのスクリーンに投影し、
メンバーのシルエットが映し出される感じになっていたのですが
あれがすごくカッコ良かったですね。
 
 おそらく、シャッフルユニットが入っている「マゼコーゼ」が人気ありそうですが、
両方見た中では「ソレゾーレ」のほうが面白かったかなと。
 モーニング娘。も11人から10人になったりとか、
Juice=Juiceが他のグループと一緒に名前を連ねるようになったりとか、
色々とグループでも状況の変化があったりしたので、
その辺りも気になったりするので。

 メドレーの構成とか、(繋ぎの部分の)アレンジとか。
その辺りのセンスも相変わらず光っていたというか。

 ここからセットリストをなぞりながら。

 オープニングアクトは田崎あさひで、久々の「Rolling Days」。

 田崎を見るのは、2013年5月25日に五反田ゆうぽうとで行われた 「℃-uteコンサートツアー2013春~トレジャーボックス~」 以来になります。

 
「Rolling Days」については、この曲を最初に観た時は
エアーピアノがやたらと気になっていて田崎の歌については
そこまで印象に残らなかったのですが、
今回は良い意味で、鬼神の如きパフォーマンスという言葉が相応しく。

 演奏開始時には「中野行くよー!」と客も煽りつつ。
歌詞では「ココロ、タギル」の部分を「ココロ、ハシル」と間違ってたりもしましたが、
その辺りはご愛嬌ということで。

 演奏終了後は、推しとか関係なく純粋にお客から拍手喝采を受けてた感じかなと。
良いパフォーマンスを魅せると自然と拍手って湧き起こるものですよね。

M1「ブスにならない哲学」(全員)
 演奏中は、ファッション雑誌を意識したようなメンバーのカットが
バックスクリーンに映し出されるという演出も加わりつつ。

終了後、まこと&光井登場で、挨拶。

 メンバー紹介VTR(※カッコの部分は紹介時にイントロでかかっていた曲)
「まこと&光井⇒ハロプロ研修生⇒Juice=Juice」(私が言う前に抱きしめなきゃね)
⇒スマイレージ(ドットビキニ)
⇒℃-ute(kiss me 愛してる)
⇒Berryz工房(アジアンセレブレイション)
⇒モーニング娘。(Help me!!)
の順で逆年功序列の順で紹介。

 まこと&光井の名前が真っ先に表示された時は

「しょっぱな、そこ!?(笑)」と心の中でツッコんでましたが(笑)
(でも、マゼコーゼでは一番最後でしたけどね)

M2「天まで登れ!」(ハロプロ研修生 feat.Juice=Juice)

 植村あかりの衣装がチェックのタイツみたいで可哀想でしたが。
レギンス?

 その流れで、まずは、Jice=Juice。

「植村⇒金澤⇒宮本⇒高木⇒宮崎」の順で一人ずつ名前を言いつつ挨拶していくが
植村が挨拶を開始する直前で客がバラバラに名前を呼びかけるために
植村がタイミングを見出せずに困ってました。
 あれはちょっと可哀想だと思うので、
これからハロコンに行く人はその辺りも考えてあげてください。

M3「ロマンスの途中」
 金澤のウィスパーボイスの破壊力がすごかったですね。
他のメンバーが比較的ゆらりと動くようなダンスを見せるのに対して
高木一人がキレキレで激しかったりするので、
この曲に関しては、高木はもうちょっと周りに合わせて抑えられるようにすると良いかも。
 大塚愛菜が居なくなってキレキレ担当が高木だけになったので目立つというのもあるんですけどね。

M4「五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)」
 イントロのアレンジを聞いた瞬間から、これは違うだろう的な(笑)
オリジナルのほうが良いです。

次、「スマイレージ」。

M5「新しい私になれ!」
 今回、和田はけっこう音程が安定してました。
田村はビブラートを使って伸びのある声を出せるようにならないと
今の歌唱法が完全には活かせないでしょうね。
 扉を開けようと押してはいて、
顔が3分の1ぐらいは出てるんだけど、
開ききれていないみたいな。
 例えが難しいですが、聞いた印象としては
そんなもどかしさを感じるというか(笑)

 グループ的にも田村を中心にもってこようという方向性というか
雰囲気的な物も感じたかな。

 そして、福田、茶髪似合わねー(笑)
やめたほうが良いでしょ(笑)

MC ヤッタルチャン大作戦の告知。

M6【スマイレージメドレー】
「新・日本のすすめ!」
「夢見る 15歳」
「私、ちょいとカワイイ裏番長」
「どうしよう」

 ここから、SATOUMIユニット。
M7「レディーマーメイド」ダイヤレディー
 歌だけで聞かせるところが流石かと。
鈴木も℃-uteの時にこれぐらい見せてくれればいいんですけどね。
ミュージックフェアとかに出ると良さげかと。

M8「エイヤサ!ブラザー」メロウクアッド
 岡井ちゃんの調子があまり良く無さげ。
風邪?
 この曲についてはCDのほうが好きかも。
他のハロプロメンバー全員がハッピとか着て
後ろで踊って盛り上げたりするとまた印象が変わったとは思いますが。

M9「海岸清掃男子」HI-FIN
 生田の「だって・・・好きなんだもん!」
の台詞の直後で歓声があがったので、
中島の「つぎはビキニ持って来よっと」
が盛り上がりきれず。

 そこは、ファンが空気を読んで、もうちょっと我慢してほしかったかも。
夏と言えば、やっぱりビキニでしょ(笑)

M10「彼女に なりたいっ!!!」ハロプロ研修生

田口 夏実(だと思う)の無駄の無いダンスがキレイでした。

MC「モーニング娘。」
テーマ「(10期メンバーに対して)モーニング娘。になったと感じた瞬間」

飯窪「毎朝、コーヒーを飲む習慣があるが、モーニングコーヒーと言うようになった」

石田「プライベートな瞬間を見た時。
 道重さんの寝顔は美しいが、たまに白目をむいている」

佐藤「携帯のフォルダにメンバーの写真が増えた時」

工藤「コンサートの舞台裏の密着映像でしか見れなかった
 円陣に自分も参加出来た時」

 ここから、℃-ute。
M11「憧れ My STAR」
 とにかくユニゾンの音外れまくり。
アレは酷いなんてものじゃなかったですが(笑)
ファンの歓声だけは一番すごかったかな、℃-uteは。

MC 岡井ちゃんから、NEWアルバムを引っ提げて武道館をやる話

M12【℃-uteメドレー】
「都会っ子 純情(2012 神聖なるVer.)」
「Crazy 完全な大人」
「Kiss me 愛してる」
「会いたい 会いたい 会いたいな」
「悲しき雨降り」


 やっぱり、全体的に低調。
最近、歌う機会が多いからなのか
「悲しき雨降り」だけは良かったです。

 ここで、襷を繋ぐかのごとく
間髪入れずにBerrzy工房が登場。

M13「アジアンセレブレイション」

 正月のハロコンでも他を圧倒していましたが、
今回もすごかったです。

 菅谷梨沙子は、グループでもシャッフルユニットでも
上手さがブレてなかったですし。

 Berryz工房は個性がバラバラなところがパフォーマンスでも出ていて
今回は、フォーメーションである程度しっかりと見せるところも
重視していたような気がしました。

 特に、ライバル的なポジションの℃-uteのお株を奪うような
夜公演で見せた「サヨナラウソツキの私」が凄まじかったです。

 バラバラなメンバーが一丸となって事を成す時は
凄まじい力を生むというのを目の当たりにした感じでしょうか。

M14【Berryz工房メドレー】
「ああ、夜が明ける」
「WANT!」
「ヒロインになろうか!」
「Be 元気<成せば成るっ!>」
「ゴールデンチャイナタウン」


MC「℃-ute」
テーマ「毎年夏になるとやっていること」

矢島「毎年、花火大会に行く。昨年は新潟の長岡に行き、今年は既に鎌倉に行った」

中島「蚊にさされやすいので、ポケムヒとアンパンマンパッチをする」

鈴木「自分も蚊にさされやすいので、逃げる。今年は33か所刺された」

岡井「川にバーベキューに行く。中島がそれに便乗して着いてきたが、
普段ヘタレな中島が『中島!行きまーす!』と真っ先に川に飛び込んだ」

萩原「クーラーをつけつつ、羽毛布団を使う」

 ここから、モーニング娘。
M15「みかん」
 下段・中段・上段みたいなメンバーの並びになってましたが、
普段、歌割があまりなかったりグループの中でも後方に居るような
生田とか工藤が前方のセンターに出てくることが多かったですね。

M16【モーニング娘。メドレー】
「ブレインストーミング」
「ワクテカ Take a chance」
「Help me!!」
「One・Two・ Three」
「わがまま 気のまま 愛のジョーク」


 「愛の軍団」「わがまま 気のまま 愛のジョーク」
については、初披露曲となりますが、
10人の新体制に併せて違和感なく見れる物に
仕上げてくるところは流石というか。

 しかし、それ以前の曲については
やはり、田中れいなの「声(歌)」の存在感の大きさというのを
ひしひしと感じるというか。

 ユニゾン部分にはそれほど影響無いんじゃないかと思っていたのですが、
そこでも影響あった感じでしょうかね。

 昼公演では「わがまま 気のまま 愛のジョーク」を披露していましたが、
「愛の軍団」よりもユニゾン多目でテンポが速いので
歌まで合わせるのが難しいからなのか、口パクが多かったような気がしました。
最初のユニゾン部分とか、後半の譜久村とか佐藤のソロとかも
口パクなんじゃないかという気がしましたが。

 鞘師の「うぁ~いすぅあ~るぇ~とぅあ~~~~~い(愛されたい)」の
地を這うような呻るような歌声が迫力ありました。
その辺りはすごい活かされてる感じはしました。

 夜公演では「愛の軍団」を披露していて、
youtubeとかで見ると、そっちのほうが好きなのですが、
ライブで見た感じではこっちのほうが好きかも。

 「愛のジョーク」のフォーメーションの並びは横長で
「愛の軍団」は奥行きを使ったものになりますが、
「愛の軍団」は奥行きあるぶん
段差がかなり邪魔なような気がしました。

 なので、地の利が活かされているという点でも
「愛のジョーク」が良かったかも。

 田中のパートが多く割り振られている気がする佐藤。
しかし、全体的には出来が今一つかも。
「Help me!!」の「掴みとる栄光」だけは良かったかな。
 好きなパートだけはすごい歌い込むタイプなんでしょうかね。
もしかしたら、「キラキラ冬のシャイニーG」が一番上手いかもしれません(笑)
 秋ツアーはどうするんでしょうか。
不安定な佐藤に歌割増やすのは、まだまだ危険なような気がしますけどね。

 「ワクテカ Take a chance」から「Help me!!」に繋がるところで、
後方で構えている生田が跳躍して前に出るフォーメーションが
アレンジとして加えられてましたが、やたらとカッコ良かったです。

M17「スキちゃん」(スマイレージ)
この曲に限っては、急に音割れが激しかったです。

M18「超WONDERFUL!」(℃-ute)
M19「本気ボンバー!!」(Berryz工房)
M20「元気ピカッピカッ! 」(全員)

 半分ぐらいのメンバーが曲が開始してから客席通路を通って後方に行くという、
2階席にとっては全くおいしくない演出あり(笑)

 そして、ライブの最後の最後で印象に残ったのが、
客席通路を戻って階段を上る鈴木香音がやたらと重そうだったという・・・


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。