スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想・レポ】 「℃-uteコンサートツアー2013春~トレジャーボックス~」 2013.6.29(パシフィコ横浜国立大ホール)

「℃-uteコンサートツアー2013春~トレジャーボックス~」
日時:2013.6.29 18:00~
場所:パシフィコ横浜国立大ホール



  「トレジャーボックス」という、℃-uteの宝探しの旅もついに終わりを迎える時が来ました。
その終着港として選ばれたのが「パシフィコ横浜」。

  5年前に同所で℃-uteが公演をした際には、
座席が全体の半分弱ほどしか埋まらなかったらしいという、
℃-uteにとっては因縁の地と呼べる場所のようで。

 今回の最終公演については特に、
今までどの程度℃-uteに関わってきたかによって
感じ方というのも、また変わってくるとは思います。

 ずっと追い続きてきたファンやスタッフなどが
5年ぶりだという想いを抱きながら見ると、
感慨深い物があったりもするでしょう。

 ハギちゃんだったと思いますが、
「あの頃は一階部分に花道が出来ていて喜んでいたけど、
その後、お客さんが少ないから作ってあったということが分かった(知った)。
今は、あの頃とは違って一階にもお客さんがいっぱい居る」
というような言葉が印象的でしたが。

 ℃-uteが今回パシフィコでやるという意義というのは、
現在の最終目標である武道館に立つ前に
5年前の因縁の場所を埋めることによって
モチベーションをあげようという部分が大きいのかもしれません。

 当時を知らなかった自分としては、
単純に今回の「トレジャーボックス」というツアーを何公演か見続けた中での
集大成として何を見せてくれるのか期待するという意図が大きいですが、
そういう意味では、正直あまり変わり映えはしなかったかなと。

 今回のツアーで一番パフォーマンスの出来が良かったと感じたのが
五反田での公演で、
その時は、鈴木の調子がだいぶ良かったのですが、
その時と比較すると、
今回は、残念ながら存在感はあまり感じられなかったかなと。
5年ぶりに立った場所でのパフォーマンスとしては少々寂しいような気はしました。
次に立つ武道館では、もう少し気迫のこもったパフォーマンスを見せてほしいところで。

 近年での岡井ちゃんの歌唱メンバーとしての成長は目覚ましいものはありますが、
やはり鈴木の出来がグループの印象をかなり変えるんだというのが
目に見えて分かりますね。

 なんとなく、鈴木を見ていると、フェルナンドトーレスと被って見えるかなと。
基本、テクニックがあって上手く、ファンタジスタとしての要素も持っているのですが、
好不調の波が激しすぎる、みたいな。

 それに対し、さすがリーダーというべきか、
一人、矢島舞美の存在感が際立ってました。

 声量があるということで、元々声が通りやすいというのがあり、
矢島は歌が上手いタイプではないのですが、
それでも歌に込められた想いというものを一番強く感じました。

 そして、この人が居れば大丈夫というような安心感を
改めて感じさせてくれるステージでもありました。

 コンサート自体の演出としては、基本的にはほぼ違いはなかったですが、
階上から見た視覚的なものや、
音の通りの良さは今回のパシフィコはだいぶ良かったです。

 若干、オリジナルの音源は高音が割れて聞こえる箇所もありましたが、
「地球からの三重奏」や「この街」など
歌って聞かせる曲についてはいつも以上に映える感じで。

 今回、演出的に修正がくわえられた部分について、
後半部分の「ひとり占めしたかっただけなのに」以降で
ステージの両脇(3×2箇所)にて「かがり火」が灯される演出があり、
所々、火の玉的なものが噴き上がるという演出がありました。
火を使った演出なんかは、武道館でも使ってきそうな気はしますけどね。
 3階に居ても、熱気がそこまで伝わってくるので
近くに居るメンバーなんかは相当熱いのではないかと。

 普段ではステージ両サイドのスクリーンを使っていますが、
今回は中央の大きめなスクリーンを、剣劇以外のパフォーマンス時でも
加えた演出も追加されていました。
とはいえ、メンバーの顔がアップになるぐらいだったので
もう少し効果的に使えると良かったかもしれません。

 今回鑑賞した席は3階の7列目ですが、
パシフィコの場合は席の両側1~6列目がせり出している形になっているので、
実質3階の最前列といった感じでした。
 視覚的に、一階ステージの前端にギリギリかかるかかからないかぐらいの
手すりが目の前にあったため、深く座りすぎると見えにくいかもというレベルでしたが。

 オープニングアクトは、℃-uteの公演ではお久しぶりの「Juice=Juice」。

 ツアー途中では田崎あさひに変わりましたが、
先輩メンバーが通常よりも大きい規模の会場に立つ場合には
必ず帯同していますね。

 今回は「天まで登れ!」をJuice=Juiceのみで。
花道を作ってそこをソロのメンバーが通るというフリもあったりで。
 まだ歌い慣れてないからなのか、歌としては安定はしてない感じでしたが、
その中でも、宮本の声はよく通ってました。

 トークのテーマは「最近、なるほどなと思ったこと」
大塚の「テストは勉強すればするほど点がよくなるということが分かりました」という
ストレートな答えがウケが良かったようで。
この記事書いてる今では脱退してしまいましたけどね(笑)

 セットリストは、基本変更は無く、
新曲である
「悲しき雨降り」
「アダムとイブのジレンマ」
が加わり、曲数が2曲ほど多かったようで。
その影響で曲順に若干変更がありました。

「アダムとイブのジレンマ」
は野音で既に見ていて、
「悲しき雨降り」は初めてでしたが、
後者は実際見るとかなり印象が良かったので、
これは今後も使えそうな曲かなと。

 ソロコーナーは
岡井千聖の「好きすぎて バカみたい」。
始まる前には恒例の「お宝自慢私の宝物」のコーナー。
今回は、矢島ちゃん。
本公演の翌日はオーディションを受けてから11年経つということで、
「ハロー!プロジェクト・キッズ」の時に
15人で踊ってる映像。

 メンバーは盛り上がってましたがカメラが引きすぎてる上に、
映しているスクリーンも小さすぎで、誰か誰だかわからず微妙な感じでしたが(笑)

 ハギちゃんがセンターだったが、
踊れなさすぎて真ん中にこさせられたらしいとのこと。
その隣が岡井ちゃんで、中島が左端だったかな。
鈴木が右端だったような。

 「もう一つあります・・・」という振りから、
「9月10日が℃-uteの日に選ばれた」という報告が。
このことについてメンバーが話している間中、
大事そうに認定証を抱えていた鈴木が印象的でした。
 「9期10期が最近、『9期10期の日』とか言い始めて、
あやうく、モーニング娘。に則られるとこだった」
と冗談を語る岡井ちゃんが面白かったですね。

 今回の「ハロプロ研修生」の曲は「まっさらブルージーンズ」。
「まっさらぴんのブルージーンズ」の部分は
むろたんのソロパートになってましたが、
若干前のめりになりつつも、
なかなか上手く歌い上げてました。

 吉橋の
譜久村のダイナミックさと
石田のキレ具合を加えたような
ダンスも迫力あって良かったかなと。

 武道館の告知のところでは、
矢島「愛理から告知があります」
張り詰める空気。
鈴木「9月10日の武道館」
張り詰める空気。
鈴木「追加公演が決まりました~!」
客「おおおおお!」
鈴木「9月9日に前夜祭という形でやるんですけど~」
客「お~~~・・・ ・・・え?平日?」

 みたいな感じで、空気が変わっていく様が面白かったですが、
「愛理から告知があります」の部分ではヒヤリとはしたので
心臓には弱かったですけどね。

 追加が平日だと聞いて微妙なリアクションのファンに対して、
メンバーが必死にフォローしてた様子が面白かったですね。

 矢島ちゃんが感極まるあまり涙を流し、そこから鈴木へ、
更にメンバーへと涙が伝染していき、
カメラにアップで抜かれてのたですが、ハギちゃんだけは映らなかったという(笑)
まあ、実際は泣いてたのかもしれませんが。

(※以下、今回のセットリスト)
M1「Crazy完全な大人」
M2「SHOCK!」
MC
M3「悲しき雨降り」
M4「私は天才」(中島・萩原)
M5「地球からの三重奏」(矢島・鈴木・岡井)
MC2
M6「この街」
M7「ハエ男」
MC3
M8「ソロコーナー」
M9~14「トレジャーメドレー」
桜チラリ
Go Go Go!
Bye Bye Bye!
ディスコクイーン
世界一HAPPYな女の子
夢があるから
M15「ハロプロ研修生」まっさらブルージーンズ
M16「いざ、進め! Steady go!」
M17「ザ☆トレジャーボックス」
MC(中島・萩原・岡井)
M18「EVERYDAY 絶好調!!」
M19「ひとり占めしたかっただけなのに」
M20「誰にも内緒の恋してるの」
M21「会いたい 会いたい 会いたいな」
MC
M22「僕らの輝き」
M23「Midnight Temptation」
M24「Kiss me 愛してる」
M25「超WONDERFUL!」
M26「都会っ子 純情」
E1「Danceでバコーン!」
MC
E2「アダムとイブのジレンマ」
E3「青春ソング」
(※アンコール終了後、2回目の℃-uteコールでメンバーが改めて挨拶するという件があり)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ℃-ute
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。