スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【田中れいな卒業スペシャル.その3】 モーニング娘。道重さゆみの今夜もうさちゃんピース(2013.5.27放送分)

「モーニング娘。道重さゆみの今夜もうさちゃんピース」。
放送日時:2013年5月27日24:00-25:00

<ゲスト>
田中れいな

<概要>
モーニング娘。のエースと呼ばれていた事についての田中の本音や、
芸能界に対する疑問やら、センターポジションについてやらをぶっちゃける内容となっています。




道重「さあ、もう、じゃ、どんどん、メール読みたいと思います」

田中「はーい」

道重「大阪府のうさちゃんネーム『カエルちゃん』さんからです 『れいなちゃんへ質問です』」

田中「はい」

道重「『今日はれいなちゃんがゲストってことなんで、れいなちゃんに聞いてみてほしいと思いました
6期三人が選ばれて、合宿に行った時、さゆみんのこと、歌、ヘタクソだと思った?』」

田中「・・・ ・・・ ・・・あぁーーー・・・ ・・・ ・・・」

道重「つっ・・・(笑)」

田中「でもさぁ」

道重「おぉ いいね、『でもさぁ』からなの切り口、フォローから入るっていうね」

田中「なんやったっけ?(笑) お互いそんな歌聴く時無かったよね?」

道重「でも、あのさあ、レコーディングしたの覚えてる? 5人になった時 最後3人だったけど、一個前の5人で歌った時さぁ」

田中「覚えてる覚えてる、覚えとうよ」

道重「地方組は、さぁ、飛行機の時間が無かったから一番か二番に歌わなくちゃいけなくって、さゆみが一番だったの、覚えてない?」

田中「じゃあ、れいなが二番だったってこと?」

道重「そお、れいなが二番だったの」

田中「へえ・・・」

道重「すごいヘタって思われてそうだなって空気だったんだよね ぶし、部室じゃなくって」

田中「部室(笑) 楽屋ね(笑) ・・・記憶にない」

道重「あぁ・・・やっぱ、れいなに聞いちゃダメだね」

田中「そう、昔のこと全然覚えてないやん」

道重「そうだねー オーディションの、その、テレビ放送されるじゃん」

田中「うん」

道重「そこで、さゆみの歌聞いた時も何も思わなかった?」

田中「・・・あ!『しんじる~』みたいなの聞いた時は、 『え!?何の歌かな』ってみたいな感じにはなったよ、家族でね」

道重「でしょうね さゆみも、ほんとに学校の先生とかに『コーヒー噴き飛んだよ』とか言われたもん」

田中「ヒャハハハ!!!(笑)」

道重「フフ!(笑) それぐらい・・・『そんなにぃ?』って思ったけど」

田中「そんなにやったよ!」

道重「ヤバイよね」

田中「どこで音取りようか分からんやったもん、逆に」

道重「ねぇ うん、逆に天才じゃない?」

田中「天才!」

道重「ふふ、ありがとう(笑)」

田中「逆にすごい!」

道重「ありがと!・・・じゃあ、続いていきます」

田中「はい」

道重「東京都の『ツヨ』さんからです」

田中「はーい」

道重「『さゆみん、こんばんは』」

二人「こんばんわ」

道重「『そして、歌姫田中れいな様、こんばんは』」

田中「こんばんわー」

道重「『改めまして、ご卒業おめでとうございまーす』」

田中「はい、ありがとうございまーす」

道重「『さて、せっかく、最強6期コンビが揃っていることですし、お二人にお伺いしたいのですが、モーニング娘。のリーダーとして、メンバーをまとめているさゆみん、そして、エースとしてメンバーを引っ張ってきたれいなちゃんには、9期・10期・11期の今の姿は、どう映っていますか?良い所はもちろんですけど、強烈なダメ出しや、意外な一面など暴露していただけませんか?生放送ということは、頭に入れながらよろしくお願いします』」

田中「ふっ(苦笑) よくわかっとうやん」

道重「いや、ほんと、素晴らしいね」

田中「いや、なんか今さあ、エースとか言われて、そういう感覚も無いよね、自分に」

道重「え!?」

田中「全然ないよ、もっと、もっとやらせてほしかったよ」

道重「10年間エースやろ!?」

田中「いや!全然! 足りん!足りん!足りん!! 意味がわからんって、今!!」

道重「すごい・・・ 超アレだね 自分の中の、その、上を目指す・・・っていうか、常にちゃんと、目標が高いんだね」

田中「全然、全然、エースやったとか思ってないよ、れいな なんか、歌割多いっていうのは分かるよ、もちろんね」

道重「ふふふ(笑) あからさまにタグ多いからね、歌割見てもね(笑)」

田中「あはは(笑) でもぉ・・・え!?って感じ もっとぉ!」

道重「まあまあ、そりゃあ、そうよね そんな気持ちにもなるよね」

田中「なるなるなる」

道重「確かにねー・・・」

田中「ふふふ、どういうこと?(笑)」

道重「れいなになってみた」

田中「ふははは!(笑) すごいな!」

道重「そう! なんか、常に真ん中だけど、でも、逆に、ずっと真ん中に居たいなって思ってくるじゃん さゆみ達はさぁ、端とかにいて、ちょっとでも、こう、真ん中に近づくだけで、すごいやっぱ嬉しかったりするの」

田中「と、あぁ・・・うん・・・」

道重「ずっと真ん中だったら、ずっと真ん中が良いって気持ちだから、一個でも下げられて、ほんとは、パッと見たら全然良い位置に居るのに、すごい悲しい気持ちになりそうだなって思った」

田中「あぁー、そうやね だってさあ、もう、最初に真ん中におったらさあ、真ん中以外良いとこないやん、もう」

道重「それ以上がないけん、それはそれで問題だね」

田中「下がっていく一方よね」

道重「そうなってしまうよね」

田中「そうそうそうそう」

道重「維持しかないもんね」

田中「うん」

道重「維持が出来んかったら、ほんと、悲しいよね」

田中「ほんとそぉ」

道重「あぁ・・・」

田中「自分の実力じゃないってことが、だんだん分かってくるやん、そういう場所とか」

道重「そうね、芸能界って」

田中「芸能界って色々厳しいやろ、やっぱ、運もあるしな、色々な事情もあるやん」

道重「うふふ(笑)」

田中「だけん、れいなは、納得いかん時もあったけど、納得いかんと思っとう自分が、もうめんどくさくなって、なんかもう考えたって、だって、自分の力で出来るわけじゃないし」

道重「カッコイイね! そこまでいけたら良いね」

田中「でも、だけん、一時期、すごいもう、ぶすくれた時とかあったよ ぶすくれたっていうか、なんか、もう、『どうでも良いよフン!』みたいな」

道重「ふふふ(笑)」

田中「『適当にやっとけ!』みたいな」

道重「ははは!(笑)」

田中「ははは、あったけどぉ!(笑)」

道重「超、ぶっちゃけてるじゃん!(笑)」

田中「ぶっちゃけるよ、もう!(笑)」

道重「あはは!(笑)」

田中「あったけどぉ!でもぉ・・・」

道重「その気持ちはどう持ちこたえたの?持ち直したというかさあ」

田中「これじゃ言われん」

道重「あははは!(笑)」

田中「あとで言うね、さゆには」

道重「さすがに、ここでは言えないこと、あ、なるほどね」

田中「そう、さゆにも言っとく、でも、それは、頑張れるよ、後で教えるわ、マジで」

道重「マジで?わかった わかる、そういう気持ちにもなるよね」

田中「なるなる」

道重「こんなに頑張っても、頑張ってもさぁ、努力は報われないと思うもん、さゆみ」

田中「そ、報われん人もおるよね」

道重「だって、すごい頑張れば良い事があるってやってても良い事がなかったり、別にその後に、もっと良い事があるのかなって思っても、やっぱ、頑張りと結果は比例はしないと思う」

田中「うんうん」

道重「反比例ってわけでもないし、頑張れば頑張るだけ、自分が成長するかもしれないけど」

田中「まあね」

道重「良い結果っていうのは」

田中「確実じゃないよね」

道重「それは、どんなに頑張っても、現実で無理なことは無理な物もあるよね」

田中「無理、ある!」

道重「ね? 自分の力だけでは、どうすることも出来ないじゃん」

田中「ほんと、そお」

道重「それは、ほんとに芸能界の厳しいところっていうかさ」

田中「マジで、それぇ」

道重「自分のちっちゃいところだなって思う」

田中「部活とかやったらさ、自分が頑張れば頑張るほど結果になるやん、きっと」

道重「そうそうそうそう! そう、頑張った分だけ自分が上手くなればさぁ・・・どんなに歌が上手くてもさぁ、どんなに可愛くてもさぁ、センターになれない子はなれないもんね」

田中「そうっちゃんねぇ、すごい不思議じゃない?」

道重「不思議!ほんと、そう思うよ」

田中「なんか、だってえ、言葉を選ぶけど、すっごい・・・ちょっと、頑張るね」

道重「あはは!(笑)」

田中「例えばぁ・・・」

道重「待つよ!ちゃんと選んで! 時間かけてでも良いから、選んでね」

田中「オッケ!」

道重「ふふ(笑)」

田中「芸能界って名前知らん人いっぱいおるやん、やっぱり」

道重「そうねー」

田中「テレビとか出てなかったりすると、世間の人は知らんわけやん」

道重「しょうがないね」

田中「でも、れいなは、顔が可愛い子とか、いっぱい知っとうわけやん」

道重「おー、うん」

田中「『え?売れてもいいやん!』みたいな」

道重「うんうん」

田中「でも、なんでダメなのかなって考えた時に、普通に見て美人やけど、ありきたり美人ってダメなのかな、みたいな」

道重「あはは(笑)」

田中「わかる?」

道重「あー、わかるよ。そりゃあ、そうやね」

田中「ちょっとクセのある子とかが、ポーン!と出たりするっちゃろうなって」

道重「そう!ほんと不思議だよね パッと見さあ、なんか10人に聞いて、AとBどっちが可愛いって言って、ほとんど8人がAが可愛いって言ったとしても、その二人がすっごい可愛いって言って、その二人のほうが熱烈に応援するならば」

田中「あとあと」

道重「そうそうそう、Bのほうが、よく見えてくるっていうか」

田中「あれやん?」

道重「なんで?」

田中「ブスは三日で見慣れるみたいな・・・あ!美人か!」

二人「あはは!(笑)」

道重「美人じゃない?たぶん(笑)」

二人「美人・・・あはははは!(笑)」

道重「でもねぇ、ほんとそれは言えるよ、目が慣れてくるっていうの」

田中「そお!(笑) だけん、ブスもブスに見えんくなるし、美人も美人に見えんくなるっちゃけどね」

道重「ほんと、そう。みんな、普通にカワイイなみたいな」

田中「そうそうそうそう」

道重「今までそんなに好きなタイプの顔じゃないなって思ってても、あの子段々カワイク見えてくるなとか、別に、超カワイイって思ってた子も、なんかみんなと馴染んできたな、みたいな」

田中「そうっちゃん」

道重「目が慣れるんだねー、あれって」

田中「仕草とかで決めてくやん、ずっと、見よったら」

道重「そうそう」

田中「この仕草可愛いって思って、みたいな」

道重「結局、アイドルとか芸能人って顔じゃないよね」

田中「そおっちゃ」

道重「仕草とか、歌の・・・なんていうんだろう、歌い方? 歌が上手いだけじゃだめじゃない、歌い方とか、伝え方とか、言葉のチョイスとか」

田中「うん・・・」

道重「なんか、そういうので人気とか、決まってくるんだなって思う」

田中「でも、さゆが今、顔じゃないっていったけど、ある程度、顔もある」

道重「あははは!(笑)」

田中「そこ言わせて!(笑)」

道重「根本的な顔はあるよね」

田中「うん」

道重「もちろんね」

田中「うん。ちょっと、顔が良いのは前提で(笑)」

道重「わかる。みんな同じぐらい顔が良いなら仕草とかにね」

田中「そうそうそうそう」

道重「そうそう、それはあるね なんなんだろうね、ふふふ(笑)」

田中「ね?」

道重「そこは、ほんと、さゆみ、一生わかんないと思う なんでこの人なんだろうって思う人は実際居るよね」

田中「そう」

道重「モーニング娘。とかじゃないよ、芸能界とか、別に、他の部類でも」

田中「うんうんうんうん」

道重「芸能界じゃなかったとしても、あるよね、そういうのがね?」

田中「あるね」

道重「はい、じゃあ、続いてです・・・めっちゃ、ぶっちゃけてるよね、笑えるんですけど(笑) だいじょうぶ?(笑)」

田中「ピーッて入れたほうが良い?」

道重「入れたほうが良い? 大丈夫今のところ、OK? ・・・はい、茨城県の『よっしー』さんからです」

田中「はい」

道重「『さゆみん、れいなちゃん、こんばんは』」

二人「こんばんわ」

道重「『アイドルグループのセンターは目立つポジションなので、良い思いをすることもあれば、辛い思いもすることもあります。そこでれいなちゃんに質問ですが、モーニング娘。のセンターを務めて、良かったこと、逆に、辛かったことはなんですか?』 まあ、今ちょっと、多少は話題に上がりましたけど」

田中「えー・・・良かったことはー うーん・・・なんかー、やっぱりー、色んなところでー、モーニング娘。の、なんかこう、センターを務めてきたっていう名前の前に、そういう、サブメニューじゃなくて、なんだっけ?サブタイトル?」

道重「サブタイトル?(笑)」

田中「サブタイトルみたいなのが入ることとかー」

道重「おー」

田中「世間の人がやっぱり、顔を覚えてくれとるね」

道重「ほんと、そうやね」

田中「『よく歌いよって』みたいな」

道重「うんうんうんうん ファンの人は全員を見るしさ 一人一人の良い所を見ようとしてくれるけどさ やっぱ世間の人は、よく歌う子とかしかみれないもんね、結局テレビでね」

田中「そうやんね」

道重「2分ぐらいしか歌わないもんね」

田中「そうそうそう」

道重「確かに、そういうのは良いよね」

田中「そう、そういうところ、かなー・・・」

道重「ああ、良い所と言えば テレビの人に、知ってもらえる ・・・あ、辛かったこととかある? さっき話してたけどね、ちょっと」

田中「辛いこととかないよね、真ん中やったら、別に」

道重「なんか、他の嫌な事とか忘れられそう・・・真ん中、あんま経験したことないからわからないけど(笑)」

田中「でも、次のジャケ写が気になるよね」

道重「あぁー」

田中「今回、センターやったぶん、次、だいじょぶかな、もう、次のことが頭にあるよね」

道重「分かるよね それは、ほんとそうやね」

田中「なんか、自分もあるけど、周りのスタッフが『あ、落とされた』って思うっちゃないかなと」

道重「あー!それすごいわかる!」

田中「わかる?」

道重「これ、あまり良い話ではないですけど」

田中「だいじょぶ?言って」

道重「だいじょぶかな」

田中「ピーッて言おうか」

道重「ダメそうだったら言って」

田中「オッケ」

道重「なんか、最近、だいぶ良い位置に来てたのね」

田中「うんうんうん」

道重「なんか、センターまではいかないけど、センターの横の横とか、センターの横とか、すっごい嬉しかったのそれが」

田中「うんうん」

道重「でも、ガキさんが卒業して、『One・Two・Three』で」

田中「だいじょぶ!?」

道重「だいじょぶかな、これー」

田中「さゆ的に」

道重「けっこう、後ろのほうだったの、さゆみはそれがすっごいショックだったの そん時に、自分も悔しかったけど、なんか、さゆみのことをメイクしてくれてる人とかにも悪い気がしたの、なんか、分かる?」

田中「あー・・・」

道重「なんか、『ごめんね』って思っちゃって、別に、そんな関係ないし、たぶん、信頼してるメイクさんで、さゆみとメイクさんの関係があるから、もちろん、さゆみのことを可愛くしてあげたいって思ってくれて、お仕事してくれるだろうけど、でも、なんか、もっと、目立つところに居たら、もっとカワイクしてくれたさゆみを見せる場があるかもしれないのに、なんか、なんか『ごめんなさい』って思ったんだよね」

田中「あぁ、ちょっと分かるかも」

道重「分かる?すごい悲しかったんだよね、それは。どうすることも出来ないけどね」

田中「えー!すごいわかる! なんか、色々分かる!」

道重「分かるやろ!?」

田中「昔の思い出が・・・」

道重「すごい胸がドキドキしてる、これ、言ってオッケー?」

田中「もう、言ったわ!」

道重「言ったわ!ふふ(笑)」

田中「でも、なんか、昔の記憶がよみがえってきて、今、落ちた、気分が」

道重「なんか、すごい、涙目になってるよ」

田中「それは、たぶん、きのせいやと思う」

道重「あはは!夜だからね、疲れてるよ(笑)」

田中「そうそうそうそう!十二時半やけん、もう、ちょっと眼がね」

道重「なるほど それは、でも、誰にも言ってなかったけど、今まで 初めて言ったのが、ラジオだけど」

二人「あははは!(笑)」

田中「それ、でも 言わんでも、思ってたよ、れいなは」

道重「ほんとに?」

田中「ずっと、同じこと思う時も、沢山あったし なんなら、最近、おもっとったし」

道重「ふふふ!(笑)」

田中「ふふ(笑)」

道重「うけるんですけど!(笑)」

田中「その前にもね、抜けたけんね、れいなはさ」

道重「確かにね、グループでやってると、色んな思いがあるよね、そこには」

田中「でもでもでもでも」

道重「でもでも、どうぞ(笑)」

田中「れいなが・・・うーん、会社の人やったら、さゆを前にする、今」

道重「うふふふ!(笑) だってよ!聞いてる!? みなさん、聞いてくださいよ」

田中「マジで、マジで だって、さゆやん!」

道重「そうよ! みんな分かってる!さゆよ! 私、さゆよ! さゆなんだから!」

田中「はは!(笑)」

道重「どう思ってんの!?さゆだからね!」

二人「さ!ゆ!あははは!(笑)」

道重「誰だと思ってるの!?さゆですからね!」

田中「普通に考えてって言ったら、アレやけども」

道重「あはは!(笑)」

田中「ビジュアル良いやん!マジで!」

道重「マジで!?超うれしい!」

田中「今の道重さゆみ、一番良いと思うよ」

道重「十年間で!?ヒャッホーーーイ!!! あははははは!(笑)」

田中「今推さんで、どうすると!?」

田中「いつ推すの!?」

かぶる道重「今でしょ!」

田中「今でしょ、ほらぁ!」

道重「ほんと、聞いてる?マジで、ほんとに」

二人「あはははは!(笑)」

道重「今、マネージャーさんのけっこう偉い人、来てるからさぁ 聞いてます?ほんと。よろしくお願いしますよ」

田中「でも、あの方に決定権はないけん」

道重「あはははは!(笑)」

田中「うふふふ!(笑)」

道重「あははは!(笑) マジかぁ・・・(笑) じゃあ、ここで言ってもしょうがないよ、このラジオを聞かせて欲しいわ、上の人に! つんくさんとかに!」

田中「あははは!(笑) おもしろーい!」

道重「次、いきます?次、曲行きます? じゃあ、ということで、まだまだメッセージ募集しています (※宛先告知) それでは、ここで一曲お送りしたいと思います じゃあ、れいなから、曲紹介お願いします」

田中「はい、それでは、聞いてください!LoVendeЯで『たどりついたらいつも雨降り』」

(※ここで曲「たどりついたらいつも雨降り」)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モーニング娘。
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。