スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 「℃-uteコンサートツアー2013春~トレジャーボックス~」 2013.4.28(中野サンプラザ・昼)

「℃-uteコンサートツアー2013春~トレジャーボックス~」
日時:2013.4.28 15:00~
場所:中野サンプラザ



  ライブの感想レビューは
ネタバレを含むのは当たり前だとは思うので、
いつもは、あえて前置きしないですが、
たまたま、検索なりでこのブログに辿り着いた人
今後、本ツアーに参加するのであれば

正直、ライブの内容については
一切頭に入れない方が良いと思います。
 
 今回、℃-uteの単独公演は初めて観ることになりますが、
単純に「アイドル」と一言で括るのが難しいぐらいの
を持っていると感じました。

オープニングでセット2階中央のスペースから
5人がーンと出てきた時の神々しいオーラに涙出そうになりましたが
映像のほうばかり見慣れてると、尚更、その違いに圧倒されるというか。
自分で書いてて、何と表現して良いのか迷うぐらい
本当に、すごかったです(笑)

 今回は、演出重視だったため、
5人のパフォーマンス最大限活かされているような
構成・演出ではなかったとは思いますが、
それでもこれだけのインパクトを受けるとすると、
最大限発揮された時に、
どういったパフォーマンスを魅せてくれるのかというの
を見てみたいという衝動に駆られます。

 念願の武道館既に決まりましたが、
一回でもステージを見ると、
℃-uteのメンバーを大舞台に立たせるために、
ファンが支えてそこまで辿り着かせてあげたいと
思う気持ちがすごく良くわかる感じで。

 広い規模でサーカスまがいの演出を加えて
ド派手にしたところで
それが℃-uteを活かせるのかというと疑問ですし、
ホールぐらいの規模が一番であろうとは思うのですが、
彼女らが望むのであれば、それを実現させてあげたいと
思わせてくれる。
失敗するか成功するかは二の次で。

 グループ自体のパフォーマンスについてですが、
今年は、対照的なBerryz工房と℃-ute、
二つのグループを観る機会があり、
Berryz工房は自分達のスタイルをベースに
課題を消化して表現するといったのとは対照的に
℃-uteは課題を表現することを
前提に自分達のパフォーマンスを上乗せするといった形で
 なので、Berryz工房は同じ曲でもその都度変化して見えて、
℃-uteさらに精度が上がってるというのが分かり易いのかも。


 今回のステージセットは
帆船(海賊船)がベースになっていて、
一階と階が甲板みたいになってる感じですが、
℃-uteについては、
フォーメーションもある程度パターンが決まっていて、

1.一階部分に5人で立つ
2.一階32の割合で立つ(メインパートが二人だと逆になる)

 基本上記の2つ。
曲によっては、1の部分に加えて、

3.明確なソロパートで階に上がって、歌う
4階にBD(研修生)

 各々のパフォーマンスついては、
全体としては期待以上の物を見せてくれたという印象があります。
 鈴木の歌唱力については、やはり別格でした。
しかし、序盤で圧倒的存在感があったのに対し、
中盤から後半にかけてはやや薄くなってた感じでしょうか。
 その代り、萩原がけっこう目立ってたというか印象に残るというか。
 あとは、矢島ちゃんとか。
やはりあの笑顔と、声が耳に残る感じでしょうか。

 客層については、
一階席はいつもとそんなに変わらない感じですが、
ファミリー席が、アイドルのコンサートとは無縁のような人々が、けっこう多かったですね。
やたらと年配の人も2階最前列に居た感じで。
メンバーの関係者とか?

 今回のステージは、
一応、ストーリー仕立てになってるようで、
映像を使った中盤の件とは別に、
最初の曲からラストまでも一応繋がってるようで?

 一見、普通に見える5人の女の子が
実は海賊で、苦難を乗り越えた末に
お宝をゲットして、それを祝ってハッピーエンドという展開でしょうか。

 それ的な映像が使われてた中盤は分かり易いと思いますが、
序盤と終盤は分かりにくいような気がするので、
どうせやるのであればその辺りを、
合間合間で上手く盛り込むようにしても良かったかも。

 今回、
かなり色々な種類の演出を盛り込んだ形になってました。
「この街」での台詞入れ替えとか
BDとして研修生を扱ったりとか、
海賊パートの映像を使った演出とか、
かなり多目のレーザービームとか。
 流れとしてはチグハグな印象を受けますが、
今回の規模よりもさらに大きなパシフィコや武道館に出た時に、
色々と試した結果がどのような形で出るのかとうのは
気になるところではあります。

(※以下、セットリストをなぞりながらの感想)

 上演前は漣の音だけ流れ続けて、
これから始まる航海に、胸が高鳴るような演出がされてました。
そして、波の音が徐々に大きくなり雷鳴が轟き始めたところで、
2階の中央の空いてるスペースからメンバーが登場。
そこから、航海が始まると。

1. Crazy完全な大人
 帆船のようなセットの2階中央のスペースの両脇に
通常のモニタを半分ずつに割ったサイズのモニタが設置されていしたが、
歌詞と顔のアップの両方が表示されるパターン映像として使われることが

 中央奥と、両脇のモニタの下部にレーザー装置があり、
狭いステージだからなのか、
客席に当たらないように1階と2階の客席の中間を照射するパターンが多かったかなと
色は青と緑。
 演出に効果的というか、やたらと数が多いという印象のほうが強かったため、
後々の大きいキャパでやる時の課題の一つだとは思います。

 ℃-uteのステージではよくある、
ステージ上を青や赤など一色で照らすという演出もありました
普通のアーティストのように本人がそれほど動かない
場合であれば効果的かもしれませんが、
℃-uteのようにダンスもウリのアイドルの場合は
動きが見えにくくなる演出はそれほど効果的じゃないかなという気はしました。
 後々演奏される「ハエ男」とか、
この前のハロコンの時のモーニング娘。の「Help me!!」みたいに、
演出として、しっかりと形になれば効果的だとは思いますけどね。

2. SHOCK!
 各メンバーがソロの時に2階に登り、
片方のモニタで名前がアップになるという演出有り。
明確なメンバー紹介VTRは無く、名前のみで。
武道館公演の時にはその辺りの洒落た演出欲しいとは思います。

MC1
 メンバーからの挨拶。
今まで何回言ってるか分からない、
「中野」を噛む中島。

 ℃-uteのMCは基本的にまったりムードな感じで。
モーニング娘。とは違い、
ファンがMCの最中にツッコミを入れるといったところも、なかったか
基本、静聴してる感じで。

3. 誰にも内緒の恋してるの
 未発表曲。
聴いた感じでは、アップテンポなアイドルソング。
途中のハギちゃんの萌えるような台詞や、
ラスト間際の妙に力がこもった矢島ちゃんの台詞もあったりなど、
(他のメンバーも台詞あったかな、確か)
A面としては難しいとは思いますが、曲としてはけっこう良かったです。

4. 私は天才(中島・萩原)
5. 地球からの三重奏(矢島・鈴木・岡井)
 3人のハモリが思った以上に上手く決まっていて、聴き心地良かったです。

MC2
 公募した「この街」の本公演バージョンの台詞を紹介。
なお、紹介された人については名前の呼びかけがあって
手を上げるよう促されます・・・が、誰も手をあげず(笑)
 そして、「渡し船」を言えない(というか、分からない?)岡井ちゃん。

6. この街
 台詞が変わるのは、実際聞いてみて、面白いですね。

7. ハエ男
 このカバー、聞いたことないので、いきなりハギちゃんが絶叫してびっくりしましたが(笑)
これは、その辺り知らないで観たほうが面白いかも。

MC3
 森高千里のライブに全員で行った話。
矢島「年の割にはすっごい綺麗で」と失言紛いのことを
鈴木「(自分のお母さんと同じ年齢なので)お母さんがステージに立ってると思うと」
的なこと。

 ここでジュエルでデコリまくったトレジャーボックスが登場し、
今回、ソロ曲を歌うメンバーと曲目がセットで書かれている

5人×2種類の系10枚入っているため、それを引く。

 今回の引く担当は、矢島ちゃんで、引いた曲目は「雨/矢島舞美」。
すかさず岡井ちゃん「さすが、今日、雨降らなかったしね!」
ということは、晴れた日の公演は、この曲を引く確率が高いのかも(笑)

 ここで、矢島ちゃんが準備している間に、
「お宝自慢私の宝物」のコーナー。
鈴木仕切り。
今回は、中島のお宝で「昔、矢島ちゃんからもらった手紙」。

 昔、書いた手紙読まれるのはけっこう恥ずかしいような気がするので、
ある意味、矢島ちゃんにとっては羞恥プレイですが。
 手紙の文面がモニタに写ってましたが、
何かのレポートかと思うほど、
一枚の手紙にものすごくビッチリ書かれてました(笑)
中島が読み上げてましたが、途中、読むのを省略してたにも関わらず、長かったです(笑)

8.ソロコーナー
 真紅のドレスに着替えた矢島ちゃんが「雨」を熱唱。
外の天気とは違い、会場はしっとりムード。

9. トレジャーメドレー
 9曲目にして、早くもメドレー突入。
矢島ちゃん以外も、それぞれのメンバーカラーに合わせたドレスを着用。
そして、夜の舞踏会をイメージしてるのか、
星空を再現したかのように
バックは、全体が黒でLEDのライトが細かく散りばめられた感じで。

桜チラリ
Go Go Go!
Bye Bye Bye!
ディスコクイーン
世界一HAPPYな女の子
夢があるから

 聞くたびに「ディスコクイーン」がクセになる感じで。
「ディスコ」ばっかりしか言わないけど(笑)
「ディスコディスコディディディディスコ
ディスコディスコディディディディスコ」

10.LALALA 幸せの歌(ハロプロ研修生)
 座間公演で捻挫した加賀楓の代わりに、金子りえ。
田辺 奈菜美。
吉橋 くるみ。
むろたんこと、室田 瑞希。

 むろたんは相変わらずキレキレで、
田辺と吉橋が、どちらなのかハッキリしないですが、
デカい娘の大振りな動きが目立ってたのと、
片方のツインテールの子が印象に残ったかなと。

11. いざ、進め! Steady go!
 例の海賊の衣装で登場するメンバー。
 ここから、次の「トレジャーボックス」まで
剣劇パフォーマンス取り入れられる。

 そして、ステージ中央のモニタが下が
3つ繋がって、大きなモニタに見立てた演出も含まれる。

 構成としては、

まず、メンバーが
「いざ、進め! Steady go!
」を歌う。
曲が中断され、映像を使った剣劇パフォーマンス開始。
 大海原を航海しつつ、
外見が骸骨の敵の親玉が登場
鈴木が襲い掛かってくる海賊のシルエット(亡霊?)
をした敵を撃破
萩原か中島が、飛んでくる火の球を撃ち落す。
岡井ちゃんが迫りくるビッグウェーブを粉砕する。
矢島ちゃんも鈴木と同じで。

敵を退けた後、中断した「いざ、進め! Steady go!」をこなす。
 そして、映像が海からジャングルに変わり
先に進んで行き、扉のCGが映し出された中央のモニタを
上に押し上げ(るようなポーズをし)て、宝の箱が登場。

12. ザ☆トレジャーボックス
 宝箱の中を探すという振付があり。

MC(中島・萩原・岡井)

 ここから、メドレーと同じように、星空を再現したような
ベースがで、そこにLEDのライトが細かく散りばめられたバックの中で
宝を発見したことを祝うかのように宴が始まると。
℃-ute定番のナンバーで攻めまくる。

13. EVERYDAY 絶好調!!
 まず、MCの三人が捌けた後、矢島&鈴木のみ、最初登場。
途中、捌けた3人が合流して歌う。

14. ひとり占めしたかっただけなのに
15. 会いたい 会いたい 会いたいな

MC
 ここで軽く、「みなさん盛り上がってますか?」系の。

16. 僕らの輝き
 2階にてスタンドマイクを使ったパフォーマンスもあり。

17. Midnight Temptation
 間奏のダンスではメンバーと入れ替わった研修生のみ登場し、ダンスを披露。
そして、研修生と再度入れ替わる形で、衣装替えしたメンバーが再登場。

18. Kiss me 愛してる
19. 超WONDERFUL!
 カラフルな傘を持った研修生が2階でBD。

20. 都会っ子 純情
 台詞は萩原でしたが、曲自体のアレンジは初期のヤツのような気がしました。

EN1. Danceでバコーン!
 衣装替えしたメンバーが登場。
全員、下半身は白とピンクのチェックのスカート。
上半身はツアーTシャツ。
 頭に被ってる物が全員別で、
鈴木と中島はリボン。
矢島と萩原はキャップ。
岡井ちゃんは、工藤が見たら喜びそうなチョッパーが被ってるようなピンクの帽子。

 そして、傘の代わりに、作り物のギターを持った研修生が2階でBD。

MC
 研修生に労いの言葉を軽くかけて、
矢島「みなさんからの温かい℃-uteコールありがとうございました」
 そして、一人ずつ、挨拶。

岡井ちゃん。
「この前、店で汗出しやすい物を買って、
それを塗ったら、今日のライブで汗がタラーッて。
最初は嬉しかったけど、でも、舞美ちゃんはいつも大変だというのが分かった」

 ここで、℃-uteの武道館ライブのタイトルが決まったと発表
「℃-ute武道館コンサート2013
Queen of J-POP ~たどり着いた女戦士」

 女海賊の次はアマゾネスですか?(笑)

E2. 青春ソング
 途中、演奏が中断するというトラブルがあり。
つんくから、また告知があるのかと思いましたが(笑)
メンバーは上手く場を繋いでいました。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ℃-ute
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。