スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 「モーニング娘。コンサートツアー2013春 ミチシゲ☆イレブンSOUL ~田中れいな卒業記念スペシャル~」 2013.3.16(オリンパスホール八王子・夜)

IMG_3464_R.jpg

「モーニング娘。コンサートツアー2013春 ミチシゲ☆イレブンSOUL ~田中れいな卒業記念スペシャル~」
日時:2013.3.16 18:30~
場所:オリンパスホール八王子



 全体的な感想としては、
田中加入時から見てる人にとっては楽しめるかも。
あとは、とにかく盛り上がりたい人とか。
 前回のカラフルキャラクターのツアー満足だった自分にとっては、
今回は物足りなかった気はしました

 田中が卒業することを前提に
今のメンバーでの安心感を感じらそうなステージの出来ではなかったかな。
 まあ、田中卒業を考慮しての、9期加入前の曲を多に配したリスト
であったり
フォーメーション重視の曲の出来は見事なのですが、
それ以外の曲との差が激しい
ため、そう感じるのかもしれませんが。


 9期・10期については、
成長はしてるのですが、
予想の範囲内で留まってる感じなので、
サプライズ的な物は少なかったですね。


 今回のツアーのタイトルが、
「モーニング娘。コンサートツアー2013春 ミチシゲ☆イレブンSOUL ~田中れいな卒業記念スペシャル~」となっていますが、
前回のツアーのほうが「ミチシゲイレブン」っぽかったかもしれません

 田中はしっかりとフィーチャーされてるので、
「田中れいな卒業記念スペシャル」部分はしっくりくるんじゃないかと。

 9・10・11の可能性がもう少し見えるステージングにしてもらっても
良かったような気はします。

 あとは、「the 摩天楼ショー」は加えてほしかったかな。
「ドッカ~ン カプリッチオ」はラストの定番曲になってますが。

 前回の中野に続いて、「オリンパスホール八王子」も初。


 3階右側に座りましたが、
高所恐怖症の人は気を付けたほうが良いかもしれません。
人を避けて自分の席に向かう時は断崖絶壁を歩いてるような気分になるので(笑)
しかも、こういった、客が激しいコンサートは会場が揺れるんですよね。

 ステージについては、前かがみになって見える程度。
横から見る感じですが、フロントの席に比べて近いので、
意外に表情も見える感じではないかと。

 スタッフの手際悪さがちょっと気になりましたが。

 入場する前に「グッズとかって売ってないんですか?」と聞いたら、
「開演中にのみ販売してます」とか言ってたけど、正しくは、
「入場後に廊下で」でしたが。
その辺りで連携が取れてないというのが分かりましたね。

 公演後は退場制限かかってましたが、
ブロックごとに退場制限とかしてほしかったかも。
廊下に出てから階段の前で待たされて、
「急いでる方はエレベーター使ってください」とか良くわからないことを言ってましたが、
退場制限するんだったらエレベーター利用可というのもおかしいですよね。
普通、そっちも規制するような気もしますけどね。

 後は、グッズの購入について、
売り子の数は揃ってたのですが、
2人ずつ並ばせるから
一人目が時間かかると、尚更待たなければいけないという。


 自分の席の右隣には、
外国の女性が座ってました。
どうやら田中のファンらしく、
田中の歌の時のリアクションはすごかったですね。
MCの時はあんまり反応無かったので
日本語分かってないのかなという気もしましたが。
それでも観たいと思うのであれば、
それはそれで、すごいことだなとは思います。

 音に関しては、あまり良くなかったかも。
声量の問題もあるかもしれませんが、
ベース音がデカすぎて歌声が聴き取りにくいことが
けっこうあったので

 ここから本編の感想。

 事前に情報がった通り、
オープニングアクトは「Juice=Juice」で、
「私が言う前に抱きしめなきゃね」。

 印象に残ったのは、
ボーカルだと金澤朋子。
ダンスだと大塚愛菜。

 金澤朋子については、
前も書きましたが、声質が良かったですね。
音程なり声量なりはまだまだだったので、
そこらへんの伸び次第でしょうね。


 曲数が揃ってある程度パフォーマンスにもバリエーションを持てるようであれば、
単独コンサートとか見てみたいとは思いました。

 
「Juice=Juice」が捌けて、
モーニング娘。登場と思ったら、LoVendoЯ。

 一曲目はオリジナル曲「この世に真実の愛が一つだけあるなら」。
二曲目は「雨上がりの夜空に」。

 オリジナル曲については、
田中のボーカルが軽く、岡田のボーカルは安定せずに声量も無く、
ハモリがガタガタでしたが。

 二曲目は田中も歌い慣れてるのか、上手かったです
・・・が、バンドでは無かったです。
田中 with LoVendoЯみたいな感じになってました。

 田中のファンの前では温かく迎えてもらえるでしょうけど、
余所でお披露目するには、現段階ではちょっと恥ずかしいレベルだとは感じました。

 メンバーの自己紹介で、「カバー」を「カベェア」と噛む田中。

 そして、前座が一通り終わった後に、
道重のみがステージ中央に登場し、
そこがライトアップされスクリーンに大きい星が写し出された状態で
ソロダンスを披露。
 そこから、スクリーンに各メンバーカラーの衣装を纏った道重が整列し、
回転すると各メンバーに変化していくという、なかなか凝った作りの映像になってました。
全員紹介し終えた後に、スクリーンが上がってリアルメンバー登場。

M1「君さえ居れば何も要らない」。
 いきなりこれで来たかといった感じですが。
印象として、特に残らなかったかな。

M2「Help me!!」
 毎度、お馴染みですが、やはり鞘師に目が行く。
鞘師については、整列したフォーメーションの中では
特にダンスの上手さが際立つ。
 加入以前のフォーメーション重視以外の曲で、
どれだけ自分を発揮出来るかでしょうね、今後の課題

M3「ワクテカ Take a chance」

MC1
 自己紹介と、12期オーディション開催について、道重の口からサラッと。

M4「ブレインストーミング」
 「君さえ居れば何も要らない」とは違い、こっちはかなり印象に残る。
そして、今度は、小田さくらに目が行く。
 石田とセットのターンから始まって、
独特の手の動きを加えた今回のダンスは
フラダンス経験者の小田の動きがすごい綺麗に決まってました。
この曲だったか、小田がやたらと胸の辺り気にしてたのが、気になりましたが。
衣装がずり落ちそうだったのか分からないけど(笑)


M5「Loveイノベーション」

M6「大きい瞳」
 田中&道重がメインで、他はバックダンサー的な役割。

MC2
 道重&田中。
テーマが「無駄だと思うこと」。

 道重「田中はギリギリマスター」
遅刻などは絶対しないらしく、30秒前には必ず来ると。
田中曰く体内時計がある」らしい。
 携帯電話を忘れたのに気付いて
取りに戻ることもあるが、それでもなぜか遅刻しない


 もう一つ、「無駄だと思うこと」がある
と語り出す田中。
 タクシーの運転手の挨拶(?)が無駄で、
それを聞きつつの行き先
を言うのがめんどくさい。
なので、乗ってすぐ自分から言う。
 そして、タクシーの話から、
道重が、先日ゲネプロが終わった後に、メイク道具を忘れたので、
一旦戻ってもらったという話へ。

M7「ピョコピョコウルトラ」
 9・10・11期のみ。

M8「What's Up? 愛はどうなのよ~」

 ここの2曲は、次の「Help me!!」のカップリングへの繋ぎみたいな感じで。
 現メンバーはキャラクタ重視であったりもするため、
やはり、オリジナルユニットの曲になると、
かなりの魅力を発揮します。

M9「好きだから絶対に許さない」
小田さくら・鞘師里保

 低音の鞘師のほうがボリュームがデカいため、
バランスが悪く聞こえたので、出来としてはイマイチかな。
逆だったら良かったかも。

M10「私のでっかい花」
田中れいな・飯窪春菜・石田亜佑美

 
これは見れて良かった。
田中のハイトーンボイス石田のラップ、飯窪のニュアンスが
かなり上手く決まってましたね。
 田中卒業前に、また見たいかも。

M11「なには友あれ!」
生田衣梨奈・鈴木香音・佐藤優樹・工藤遥

 フリも含めて「青春ど真ん中」に似てますね。
Theアイドルみたいな感じで、

特に佐藤の魅力が存分に溢れてて、
見てるだけで、にやけてしまうという(笑)


M12「哀愁のロマンティック」
道重さゆみ・譜久村聖

 今回の公演では、若干控え目だったフクちゃんの
セクシーすぎるダンスが、とにかくさく裂する曲。

MC3
 道重・鞘師・鈴木・小田・工藤・佐藤が登場しての
大喜利のコーナー。

 全体的にスベリ気味のまあちゃんに対しては
客のリアクションが正直でした(笑)

 今回は、写真を見て一言。
「Q.(机でなんかやってる少年の絵を見て)どんな独り言を言ってるでしょうか?」

小田「これで地球が壊れせるのか」
佐藤「シュワシュワシュワシュワ シュワシュワポン」

 ここで道重が鞘師に向かって「ギャグとられちゃった」
そして、鞘師「ギャグだったのか(笑)」

工藤「コンタクトの上に眼鏡かけてコンタクトがなんちゃら」(※うろ覚えです)
鞘師「なぜ、この状態で金縛りになる」
鈴木「このバースデーイベント。このセットリストでいこうか」

「Q.(注連縄をしている木に寄り添ってる男の絵を見て)何をしているでしょうか?」

工藤「縄がきついんだって?太ったんじゃない?」
鈴木「記憶を消しているんです」
小田「あれ~、子供の頃に行ってたトトロの穴が無い」
佐藤「これはモーニング娘。に(※何を言ってるか聞き取れず)」
鞘師「(トントン!)そこに居るのは分かってるんだ」

 演技がかってる鞘師に対し、道重「子役臭が漂ってる」。

 ここで、小田さくらが「Rockの定義」と間違えて曲紹介しつつの
田中ソロで、
M13「シャボン玉」

 ここから、休み無しで。
M14「トキメクトキメケ」
道重さゆみ・譜久村聖・生田衣梨奈・飯窪春菜・石田亜佑美

 パートは均等に有った感じかなと。
生田の表情があんまりさえないように見えたのが、気になったかな
無表情だから、そう見えるだけかもしれませんが(笑)

 「Ambitious! 野心的でいいじゃん」に繋がる形になってましたが、
曲自体も似てるかも。

 そして、残りのメンバーが加わって
M15「Ambitious! 野心的でいいじゃん」
M16「泣いちゃうかも」
M17「恋愛ハンター」
M18「Only you」
M19「みかん」
M20「彼と一緒にお店がしたい!」

 今回のメドレーはド直球のストレートをとにかく放り込んでくる感じだったので
盛り上がるとは思いますが、面白味は無かったですかね。

カラフルキャラクタでやったようなMIXとかは面白かったですけど。
 
「恋愛ハンター」はやっぱり上手くなってますね。
 「Only you」で
当時新垣が歌っていた
「誰も彼も君のことをいっぱい」(だったか?)から始まるフレーズを
道重が担当してましたが、
そこを聞いた時、涙出そうになりましたが


 ここで、ラストの曲だと告げて、

M21「ドッカ~ン カプリッチオ」

 この曲だったか、メドレー内だったか、
鞘師と石田のダンスバトルっぽいフリもありました。

 そして、一旦メンバーが捌けて、アンコール

E1「One・Two・Three」

 メンバーが一言ずつ挨拶。
フクちゃんが適応力という言葉が分からずメンバーに確認。
その直後にも関わらず、「敵対能力」とガチで(?)言い間違えて、
会場中がリアクションに困るという事態に発展。

E2「Happy大作戦」



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モーニング娘。
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。