スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「UEFA EURO 2012」 各グループ最終節

ほとんどメモ書き。

<オフィシャルサイト>
UEFA EURO 2012TM サッカー欧州選手権|WOWOWオンライン
UEFA EURO – UEFA.com

【トーナメント出場国】
【グループA】チェコ、ギリシャ
【グループB】ドイツ、ポルトガル
【グループC】スペイン、イタリア
【グループD】フランス、イングランド


【グループD】
「イングランド × ウクライナ」
<結果1-0>
「スウェーデン × フランス」
<結果2-0>

グループ敗退が決定しているスウェーデンが最後の最後で意地を見せ、勝利しました。
イブラヒモビッチのボレーが決まった瞬間は鳥肌が立ちましたが。
フランスは、そのスウェーデンをなめてかかったのもあるんでしょう、
チームの出来としてはワーストと呼んで良いぐらい酷い有様でした。

引き分け以上でトーナメント出場のイングランドは、
運も味方につけつつ作戦通りといった感じで。
共催国でもあるウクライナが予想以上の頑張りを見せたため、試合としては盛り上がりました。


【グループC】
「イタリア × アイルランド」
<結果2-0>
初戦で良いカバーリングを見せたデ・ロッシは左サイド・・・って何故に?(笑)
2戦目のクロアチア戦見逃したんで、その時に何かあったんでしょうかね。
左SBのバルザレッティが、かなり攻撃参加をしていたので、その辺りとの兼ね合いも考えてでしょうか。

トーナメンと出場を決めていて、負けても問題無い試合だったら今回のフォーメーションを試すのも良いとは思いますが、
なんともよく分からんなぁ・・・

相変わらずネタとしか思えない試合を展開するイタリア。

前半開始時にモッタとピルロのパス交換のミスをドイルにカットされて、あわや失点という場面を演出しつつ、
カッサーノがちゃっかりセットプレーからの得点。
そして、後半43分、アンドリュースが2枚目で退場しアイルランドが集中を切らしたあとの45分に
バロテッリが見事なボレーで得点。

バロテッリは、ドラクエ的に例えると、魔人の金槌を装備した戦士みたいですね。
ほとんど空振りだけど、当たれば会心の一撃みたいな。

アイルランドにカウンター食らった際に、突破を試みるキーン、ドイルの2人に対し、
イタリアは常に3人が自陣に残り数的有利な状況を作り出して守ろうとしているのですが、なんとも安心して見られない感じでした。
とりあえず、初戦のフォーメーションに戻したほうが良いような気も。

「クロアチア × スペイン」
<結果0-1>
ユニフォーム、分かりにく!(笑)

最後の最後は盛り上がりは見せたものの、全体的にはイマイチ盛り上がりにかける試合でした。
グループA、グループBがかなり気合入りまくってただけに。

この試合だけではないですが、スペインは決定力のあるFWの不在と、シャビ・アロンソとブスケツのバランスの悪さが目立った感じでしたね。

あと、内容は全く関係ない話ですが、ブスケツのパスの下手さに目がいきましたが(笑)
スペインは基本的にパス上手い選手が多いので、尚更目立つだけなんでしょうけど。
ブスケツからのパスが上手く収まってるように見えるのは、受け手の技術が上手いだけでしょうね。

そういえば、キーパーがディフレクトしたボールをクリアミスして、あわや失点に絡みそうになってましたが(笑)



【グループB】
「ポルトガル × オランダ」
<結果2-1>
ポルトガルは、最終節にしてやっと、らしいサッカーを見せてくれました。
オランダは序盤こそは連動した攻撃を見せてましたが、結局途中からは元のオランダに戻ってしまい。
中途半端な攻撃をストップされてからの、
C・ロナウドを中心としたポルトガルのアタッカー陣の裏への飛び出し+モウチーニョのスルーパスにやられ、そのまま結果として表れた感じで。

「デンマーク × ドイツ」
<結果1-2>
前半こそ、ドイツに負けず劣らずのパフォーマンスを披露したデンマーク(ディフェンスに関してはドイツよりも良かったのではないかと)。
結局、後半までもたず足が止まってしまい、ドイツに主導権を握られたまま、ドイツ勝利で試合終了。
ドイツは今回の試合を見る限りでは、守備面がちょっと不安ですね。
確かに試合開始してある程度の時間帯は、相手からカウンターを食らいそうになった時の守備の布陣は完璧で隙が無く、切り替えも早かったりするのですが、時間が経つにつれて緩くなり、特にバイタルエリアのケアが甘いような気がします。
全体的にボールウォッチャーになってしまい、マークが甘い場面が目立ったので、そこをトーナメントまでにしっかり確認したほうが良いかと。



【グループA】
「ギリシャ × ロシア」
<結果1-0>
ロシアは正に諸刃の剣と呼ぶに相応しい、攻撃的な戦術で仕掛けてましたが、
ギリシャに向いている片刃のほうのみ刃こぼれしているような状態で、
自分自身ばかりダメージを受けているような内容でしたが(笑)。
枠にいかないシュート連発がそれを表しており。
今まで、何とも形容しがたいギリシャは、この最終節のために今まで調整してきたかというぐらい見違えてました(笑)
やはり、変なチームですね(笑)

「チェコ × ポーランド」
<結果1-0>
スタミナがあるうちに得点をしておこうという考えなのか、
序盤こそポーランドが怒涛の攻めを見せてましたが、途中からは試合終了までチェコペースで。
ポーランドは、試合終了まで糸の切れた凧のような状態になってましたが(笑)
後半、何も出来なかったポーランドについては、疲労が影響してるというのもあるのでしょうが、
それ以上に、状況の変化に上手く対応出来ずに、各選手がどう動いて良いのか分かってないように見えました。
その部分は、やはり指揮官の責任もあるでしょう。
チェコはイラーチェクが得点してましたが、試合の中での動きを見ると、納得出来ますね。
しかし、チェコはロシツキー抜きでトーナメント戦うのは、かなりきつそうですね。
まあ、ポーランドが攻めまくっていた時に土砂降りの雨が降っていて、
その後に止んでいたのを見ると、運も味方につけたチェコが勝利したのは、ある意味必然なのかも(笑)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : EURO2012
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。