スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(9/19追記)【感想】「極道めし」試写会 in 中野ZEROホール

極道めし2

<あらすじ>
とある刑務所。傷害罪で入所した栗原健太(永岡佑)、通称“新入り”が刑務所の地味な食事に落胆していると、その様子を見た同じ監房の4人が、新入りの分の食事を平らげてしまう。そんな刑務所の食事の中でも特別なのが、年に一度しかない正月のおせち料理。この監房では、おせち料理を懸けて思い出の味を語るバトルをするのが恒例だった。まずは、相田(落合モトキ)が母の味を語りはじめ……。

<出演者>
永岡佑
勝村政信
落合モトキ
ぎたろー
麿赤兒
木村文乃
田畑智子
田中要次
木下ほうか
でんでん
木野花
内田慈

<監督・脚本>
前田哲
<脚本>
羽原大介



 13日(火)に行われた「極道めし」の試写会に行ってきたので感想でも。

 試写会自体ほとんど行かないので中野ZEROホールは初です。
座席をザッと見渡した感じ、客層は年配の方が多かったですね。
会場内は節電の影響なのか分かりませんが若干暑かったかも。
スクリーンに関してはホールの広さと比較して小さく感じました。
 元々、映画の舞台設定がほぼ刑務所の中なので基本暗めのライティングなのですが
細かい部分が見えにくいと感じる箇所も結構ありました。
 設備がイマイチだったので、よほど見たい試写会などが無ければ
中野ZEROホールはもう良いかなといった感じですね。

 まず、この映画のテーマの一つが「食」であり
大体そういう映画は食べ物さえ美味そうに感じることが出来れば
OKという事もあるのですが
「美味そう」に見える物と「不味そう」に見える物の落差が
結構激しい気がしました。
 何気に最初に出てきた「思いでメシ」が一番美味そうでした。
それでも、最後の余計なトッピングはいらない気もしますが。

 「囚人」=「奔放」というイメージが有り
それを表現してというのもあるかもしれないですが
「食」がテーマの割には下ネタが多かったのもちょっとという気はしました。
それも、食事中にやられたら食欲が殺がれる様な
ダウンタウンの浜田がよくやる生理現象のアレ系のヤツですね。
 コメディパートでは周りでは笑いが起きている所もあり
客層も考えると、年配の方には受けるのかも。

 全体の構成もまとめて考えて
最後まで登場人物にイマイチ感情移入できずに終わってしまった感じです。
元々、囚人に対して良いイメージ持ってる人なんていないですし
それを使い感動させる場合は、劇中でいかに上記のイメージを覆すかが重要だと思います。
例えば収監されたのは正当防衛でほとんど無実の罪とか。
後は、コメディだったら徹底的に笑える方向に持っていくとか。
 コメディとシリアル、どっちつかずになってしまった印象も受けました。
特に主人公を中心とした主要人物の
思考や行動の理由なども腑に落ちない点は多かったですし。

 見終わった後は、映画ではないですが
新シリーズが放送される「深夜食堂」のパート1と比較して
考えてしまいました。
あのドラマのバターを乗せた白飯は最高に美味そうだったんですよね。

 なお、「木村文乃」は可愛かったです。
健気な姿にかなり萌えました。
前田監督はヒロインを可愛く撮るのは巧いような気がします。
しかし、例の場面は「代官山辺りのオシャレ○○かい!」とツッコミそうになりましたが。

 映画を見終わった後に、
「この映画で登場した食べ物から何を食べたい?」と尋ねれられても
悲しいかな「特に何もない」かなと。
 鑑賞後、現地で適当に入った居酒屋が当たりで
この映画の話を肴に美味い酒は飲めたのは良かったですが。


【9/19追記】
 浅草で2回目を見終わって新たに感じた事を。

 「どこまでが真実で、どこからがフィクションなのか」という
囚人が話すエピソードについてですが、
主人公のみが真実を話し、他の囚人は全てが嘘というわけではないですが
脚色して話していたような気がしました。

 主人公の回想は妙になまっぽく、
他の囚人に関しては漫画っぽい演出になっていたのも
その為のような気がします。

 後、「おせち争奪戦」に関しては
宣伝文句に惑わされて期待するとあっさり目のオチで肩透かしを食らいますが
囚人の目的はおせちを奪い合う為に
「思いでめしバトル」を繰り広げているのではなく、
結局、暇つぶしの為に囚人が妄想エピソードを話し
その賭けの対象、延長線上にたまたまおせちがあったというだけなのかなと。

 後述を踏まえながら観ると
あっさりめの「おせち争奪戦」オチもあれで良かったかなと
納得できる感じはしました。




<関連リンク>
【関連情報まとめ】映画「極道めし」

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベスト・ヌーディスト

Author:ベスト・ヌーディスト
当サイトに掲載しているすべての
文章・画像などの著作権は、
権利元に帰属します。

本サイト上の文章・画像等の
無断複製・転用・販売といった
二次利用をすることを固く禁じます。

当サイトの一部ページにて
画像利用や記事などの引用を
させていただいておりますが、
権利元にて問題があると
判断された場合は
おっしゃっていただければ
速やかに対処させていただきます。

検索フォーム
amazon
ハロメン誕生日順
<1月>
6日 梁川奈々美(14)
7日 石田亜佑美(19)

<2月>
2日 牧野真莉愛(15)
5日 中島早貴(22)
7日 矢島舞美(24)
7日 萩原舞(20)
10日 小関舞(14)
10日 野村みな美(16)
15日 尾形春水(17)
19日 森戸知沙希(16)

<3月>
4日 藤井梨央(17)
6日 嗣永桃子(24)
7日 羽賀朱音(14)
8日 和田桜子(15)
12日 小田さくら(17)
26日 相川茉穂(17)
27日 小川麗奈(16)

<4月>
1日 岸本ゆめの(16)
2日 宮崎由加(22)
6日 勝田里奈(18)
12日 鈴木愛理(22)
21日 高木紗友希(19)
26日 浜浦彩乃(16)

<5月>
7日 佐藤優樹(17)
10日 船木結(13)
28日 佐々木莉佳子(14)

<6月>
4日 中西香菜(18)
12日 室田瑞希(17)
21日 岡井千聖(21)

<7月>
2日 金澤朋子(20)
7日 生田衣梨奈(18)
17日 井上玲音(14)
21日 田口夏実(15)

<8月>
1日 和田彩花(21)
4日 広瀬彩海(16)
5日 鈴木香音(17)

<9月>
3日 浅倉樹々(15)

<10月>
7日 野中美希(16)
14日 山木梨沙(18)
20日 新沼希空(16)
27日 工藤遥(16)
30日 譜久村聖(19)
30日 田村芽実(17)

<11月>
5日 小片リサ(17)
7日 飯窪春菜(21)
16日 谷本安美(16)
23日 竹内朱莉(18)
24日 山岸理子(17)

<12月>
1日 宮本佳林(17)
27日 稲場愛香(18)
30日 植村あかり(17)
最新記事
リンク集
カテゴリ
Q10 (3)
3DS (8)
各種ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へFC2Blog Ranking
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ページランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
忍者アナライズ解析タグ
ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。